今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ:エンタメ > アニメ



    (出典 www.sankei.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/28(火) 17:11:13.84 ID:CAP_USER9.net

    漫画「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこさんが乳がんにより、8月15日に亡くなっていたと報じられた。53歳だった。

    「漫画家になりたい!」とずっと夢見ていたというさくらさん。高校3年生の夏に書いた作文が評価されたことで、エッセイのような漫画を描こうと決意したという。

    「84年に漫画家デビューして以降、漫画以外の分野でも大活躍。『もものかんづめ』に代表されるエッセイ集3部作は、すべてミリオンセラーとなりました。
    さらに自身で作詞を手がけた『ちびまる子ちゃん』のテーマソング『おどるポンポコリン』は、160万枚以上の大ヒット。さくらさんはまさに、平成という時代の寵児となりました」(出版関係者)

    そんなさくらさんは、一人息子・さくらめろんを溺愛していたという。めろんは、94年に誕生。
    8歳のときにさくらさんとの共著「おばけの手」を出版しており、ファンにとっても馴染み深い存在だ。

    「さくらさんはエッセイのなかで、めろんさんの独特な感性についてたびたび綴っていました。
    またブログでもめろんさんの誕生日や、社会人記念をお祝いする様子を報告。その親子愛をファンは微笑ましく見守っていたんです。
    それだけに若くしてさくらさんを亡くしためろんさんの気持ちを考えると苦しくなります。
    ファンの間でも心配の声があがっています……」(さくらさんのファン)

    母を亡くした傷心は計り知れないーー。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15222736/
    2018年8月28日 16時37分 女性自身


    【【芸能】さくらももこさん死去…ファンがよく知る一人息子‟めろんさん”が心配される】の続きを読む



    (出典 xn--u9jziob0095c.com)



    1 カーディフ ★ :2018/08/12(日) 19:41:14.25 ID:CAP_USER9.net

    ディズニー/ピクサーの映画は俳優やタレントが吹き替えすることが多く、『トイ・ストーリー』シリーズは所ジョージ、唐沢寿明などが担当。そして『モンスターズ・インク』シリーズでは石塚英彦や爆笑問題・田中裕二がメインのサリーとマイクを担当した。

    アニメ声優に挑んだちょっと意外な芸能人はまだまだいる。

    まずは新垣結衣。2006年から07年にかけて放送されたアニメ『デジモンセイバーズ』(フジテレビ系)で、新垣は1年もの間、ヒロイン藤枝淑乃の声優を担当していた。

    淑乃は主人公よりも年上の18歳で、どちらかと言えばまとめ役的な存在。しかしまじめ一辺倒というわけではなく、部下に大変な仕事を押し付けるなどだらしない部分も多数ある。また、「最悪なんですけど…」という現代女子っぽい言葉が口癖だった。

    しかし新垣の演技はアニメファンからの評価が低く、「ガッキーが棒過ぎてきつかった」「棒演技を1年間聞かされたこっちが最悪なんですけど…」「当時淑乃の声優がガッキーとは知らなかったけど、演技が下手だったのは子供ながらに覚えている」といった声がいまだに上がる。同作の出演は、新垣の黒歴史になっているというウワサも…。


    (出典 myjitsu.jp)

    https://myjitsu.jp/archives/59437


    【【芸能】アニメ声優に挑戦する‟芸能人”の成功例と失敗例】の続きを読む

    テレビ2



    【【アニメ】放送事故・作画崩壊が面白すぎる…】の続きを読む



    (出典 www.gundam.jp)



    1 ゴアマガラ ★ :2018/07/07(土) 00:50:00.44 ID:CAP_USER9.net

    アニメ「機動戦士ガンダム」が、ハリウッドで実写映画化されることが決定した。

    これはアメリカ・ロサンゼルスにて7月5日から8日まで開催中のイベント「Anime Expo 2018」にて発表されたもの。今回の実写映画はサンライズと、
    「パシフィック・リム」「GODZILLA ゴジラ」などを手がけてきたレジェンダリー・ピクチャーズとの共同制作となる。詳細は続報を待とう。

    「機動戦士ガンダム」は1979年に日本でテレビ放送が開始され、2019年で40周年を迎える。

    https://natalie.mu/comic/news/289948

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    1:2018/07/06(金) 09:38:29.19

    前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1530850987/


    【【映画】まもなく40周年を迎える『機動戦士ガンダム』がハリウッド実写映画化決定!】の続きを読む



    (出典 www.futabasha.com)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/06/29(金) 20:25:58.67 ID:CAP_USER.net

     テレビ朝日の国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」(金曜後7・30)の主人公・野原しんのすけの声を1992年4月13日の番組スタートから26年間にわたり演じてきた声優の矢島晶子(年齢非公表)が29日の放送をもって降板した。出演は通算1047回を数え、卒業した。

     矢島の最後の放送は「野原家プリンウォーズだゾ」「防衛隊の会議だゾ」。最後に、約35秒のショートエピソード「いつものオラだゾ」。しんのすけの何気ない日常が描かれ「あ~、オラ、毎日楽しい」が“矢島しんちゃん”の最後のセリフだった。

     インターネット上には「最後、ホントに何ともない日常の小話だからこそ涙が止まらなかった。矢島さん、お疲れ様でした!たくさんの思い出をありがとうございます!」「矢島さんの送り出すため、
    しんのすけの日常っていう短い回を差し込んで、今までありがとうって感じ。スタッフの愛だね。『オラ、毎日楽しい』の最後のセリフはジーンと来た。矢島さん、お疲れさまでした」「『いつものオラだぞ』。
    最後の最後にサプライズ。物心つく頃からずっと見続けてきただけに寂しさは拭えないですが、初回からここまで野原しんのすけを演じ続けてこられた矢島さんにありがとうとお疲れさまの言葉を贈りたい」などと労いと感謝の声が相次いだ。

     降板は今月1日に発表。矢島から「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」などと局側へ申し出があった。矢島は同局を通じて「キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、
    役としての自然な表現ができにくくなってしまったため」と降板の理由を説明。今後も声優として活動を続けることを明かし「また別の機会に他のキャラクターで私の演技を受け取っていただけましたら幸いです」とした。

     後任の2代目しんちゃんは声優の小林由美子が務めることが14日に発表。同局を通じて「このような大役を仰せつかり、光栄とともに責任の重さを痛感する毎日です」と心境。
    第1話から見直して勉強を重ねているといい「この凡人ではとても思いつかないしんちゃん像を作り上げた矢島さんに改めて畏怖と尊敬の念でいっぱいです」と初代への思いを言葉にした。初登場は7月6日。

    [ 2018年6月29日 19:55 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/29/kiji/20180629s00041000249000c.html


    【【芸能】 矢島晶子「あ~、オラ、毎日楽しい」 ついに『クレヨンしんちゃん』卒業】の続きを読む

    このページのトップヘ