今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ:エンタメ > ドラマ



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/09/20(木) 11:11:17.69 ID:CAP_USER9.net

    打ち上げに全身黒のシックな出で立ちで参加した石原
     ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の打ち上げで、思わず涙を流してしまう石原さとみ(31才)の姿があった。

    「他の人たちは3分程度のスピーチだったんですが、石原さんは10分近くも作品に対する思いを語っていました。でも、途中から泣きだしてしまって…ドラマにかけた熱意が強かった分、悔しかったのかもしれません」(参加者の1人)

     9月12日の夜、東京・原宿のイタリアンレストランで『高嶺の花』の打ち上げが行われた。主演の石原さとみ(31才)が演じたのは、華道の名門の家に生まれ、財力やキャリアに加えて美貌も持ち合わせた女性。ところが結婚式当日に破談となり、平凡な自転車店店主と恋に落ちてしまうという“超・格差恋愛”物語だ。

    「相手役に昨年放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』でブレークした、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸さん(40才)を迎え、脚本は野島伸司さん(55才)。話題性に富んでいて、始まる前から局内では“これは高視聴率が狙えるぞ”と期待されていました」(テレビ局関係者)

     しかし、読みは外れた。視聴率は初回こそ11.1%だったものの、その後は下落が続き、1ケタ台で安定してしまっていた。

     冒頭の打ち上げはそんな“惨敗ムード”を感じさせない明るい雰囲気で始まったのだが、最後に石原が挨拶に立つと雰囲気が一変したという。

    「石原さんは7~8年前に野島さんと初めて食事をした時に、“経験の少ない今のあなたではラブストーリーは書けない”と言われて、かなり悔しかったそうです。それから奮起した彼女はさまざまな経験を積んで、昨年、野島さんに逆オファーし、『高嶺の花』が実現したと熱く語っていました。でも、視聴率という結果が出なかったことに対し、その後は“勝てなかった”“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”と、涙を流し始めて…会場は静まり返ってしまいました」(前出・参加者)

     石原がこれほどまでに「勝ち負け」にこだわったのは、“ライバル”の存在もあるという。それは同じ事務所で年齢も近い綾瀬はるか(33才)である。

     石原とは裏腹に、綾瀬が主演を務めた『義母と娘のブルース』(TBS系)は絶好調。初回は11.5%と『高嶺の花』と変わらなかったが、その後は右肩上がりとなり、9月11日放送の第9話は17.3%(関東地区)と今クールドラマで最高をマークした。

    「2人のライバル関係は2004年頃から始まっています。綾瀬さんの出世作となったドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)は、もともと石原さんが主役を務める予定でしたが、他の仕事の都合上、白血病に冒されたヒロインとして坊主頭になることができず、出演を断念しました。自分の“代役”だった綾瀬さんが、あのドラマでブレークしたことに、内心悔しい思いはあったでしょう。

     石原さんとしては、舞台経験も重ねて、“演技力でも私が上”という自負もありますが、綾瀬さんは出演するドラマがことごとく当たるので、忸怩たる思いがあるのではないでしょうか」(芸能関係者)

     石原は『高嶺の花』が始まる前は、「ラブストーリーはこの作品で最後にしようと思っていた」とスピーチで語っていた。しかし、この低視聴率を受けて、「もうちょっと(ラブストーリーを)続けてみようと思います」と前言撤回。この言葉に、それまで息をのんでいた出席者から、拍手が巻き起こったという。

     二次会では、この日に放送された最終回を参加者全員で視聴。ちなみに最終回の視聴率は11.4%と番組最高を記録した。石原の熱い女優魂が通じたのかもしれない。

    ※女性セブン2018年10月4日号

    2018.09.19 16:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20180919_764434.html?PAGE=1#container

    (出典 img2.news-postseven.com)


    ★1が立った日時:2018/09/19(水) 19:54:30.70

    前スレ
    【芸能】石原さとみ、ドラマ『高嶺の花』打ち上げで「悔しい」「全責任は私」と涙 ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537369401/


    【【芸能】石原さとみ、『高嶺の花』視聴率振るわず、打ち上げで涙】の続きを読む



    (出典 img.dmenumedia.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/09/12(水) 06:14:23.55 ID:CAP_USER9.net

     こうの史代さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)で、主人公・北條すず役の松本穂香さんと北條周作役の松坂桃李さんがこのほど、クランクアップした。2人は5月にクランクインし約4カ月間の撮影を乗り越え、最後のあいさつをした。

     すず役をオーディションで射止め、初めて経験することが多かったという松本さんは、撮影について「不安だったし、大変だったこともあったけれど……」と言葉を詰まらせ、「出演者、スタッフみなさん一人一人が本当に大好きです。このドラマでは(すずが)みんなに支えられて生きていると思いましたが、私もみんなに支えられて生きているなと感じました。本当に、ありがとうしかないです。本当にありがとうございました!」と、涙を流しながら感謝の言葉を述べた。

     一方の松坂さんは「クランクインしてからこの4カ月、濃い時間を過ごすことができました。撮影中も笑いの絶えない現場で、スタッフのみなさんの愛を感じました。個人的なことですが、この作品が20代最後のドラマになるので、それがこの作品でよかったなと心から思います。参加できてよかったです。本当にありがとうございました」とあいさつした。

     「この世界の片隅に」は、マンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞した。戦時中、呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争激化で崩れていく様子が描かれた。

     最終話(16日放送)は、終戦を迎え、空襲におびえることがなくなったが戦時中以上の物不足に悩まされる日々が続く中、北條家では円太郎(田口トモロヲさ)の再就職が決まり、径子(尾野真千子さん)も働きに出るようになった。しかし、終戦直後に海兵団に召集された周作はまだ帰ってこない。すずは夫の無事を願って前向きに日々を過ごそうとする。秋のある日、実家の様子が分からず気をもんでいたすずは、意を決して広島に向かう……というストーリー。


    2018年09月12日
    https://mantan-web.jp/article/20180911dog00m200051000c.html

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【芸能】松坂桃李、ドラマ『この世界の片隅に』クランクアップ!「スタッフのみなさんの愛を感じました」】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/08(土) 14:23:04.58 ID:CAP_USER9.net

    俳優・佐藤健(29)の「佐藤健 2019年カレンダー」と「『佐藤健in半分、青い。』フォトブック」の発売を記念した「佐藤健写真展2019」が8日、東京・渋谷のhmv museumで開幕した。

    写真展にはカレンダーに収まらなかったカットを含めて約40点が展示され、超特大パネルなども設置された。

    NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で永野芽郁(18)演じるヒロイン鈴愛の幼なじみ律を演じる佐藤は「(フォトブックは)律の人生をフォトブックにするような写真を撮り下ろして、あとは現場のオフショット。
    カレンダーは『青』がテーマ」と説明。「自分の顔を見ても何とも思わないけど、写真展を開いていただくことはありがたい」と感謝した。

    10カ月間、撮影した朝ドラについては「『仮面ライダー(電王)』の1年間以来、久々の長期撮影だった。長ければ長いほど、思い入れは強くなる。
    共演者、スタッフとの別れも寂しいけど、一番寂しいのは(演じた)『律』との別れ」と心情を告白。

    「違和感しかなかった」という学生服にもチャレンジし、「『まだいける』という人が1人でもいるなら着たいなって」と打ち明けた。
    永野と同級生という役には「彼女が過去に(佐藤より6歳上の)鈴木亮平と同級生をやっているんで、それならいいかと思った」と笑わせた。

    また、最終回について「撮りはしたけど、できあがったものは見てない。
    見てきて良かったという結末になっていると思うんで、見て欲しい」とアピールしていた。
    佐藤健写真展は「半分、青い。」写真展が併設され、名古屋、仙台、大阪、福岡でも開催される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15276359/
    2018年9月8日 13時2分 デイリースポーツ


    【【芸能】佐藤健、『半分、青い。』最終回の撮影を終え、「一番寂しいのは(演じた)『律』との別れ」】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/05(水) 18:38:03.09 ID:CAP_USER9.net

    9月3日に放送された永野芽郁主演のNHK朝ドラ「半分、青い。」の急展開に、視聴者から不満の声が多くあがっている。
    番組では、佐藤健演じる律の離婚がナレーションだけで示されたという。

    「前週、律と関係が悪化していた妻・より子とは、本心を語り合うことで解決したと思われていました。
    ところが今週、舞台は2年後に移り、すでに夫婦は離婚していたことがナレーションで伝えられたのです。
    これには視聴者から『先週の展開は何だったんだ!』『ナレ離婚とか誰が納得するの?』
    『ストーリーにまったく共感できない』と怒りの声が殺到しました」(テレビ誌記者)

    同ドラマは以前から、ストーリーに関して視聴者の間で不満の声が飛び交っていたものの、
    第22週(8月27日~9月1日)の平均視聴率は、22.3%と番組最高を記録。数字的には結果を残している。

    そんな中、ドラマファンから心配の声があがっているのが、次期の朝ドラだという。

    「9月3日発売の『週刊現代』によると、10月からスタートする朝ドラ『まんぷく』が厳しい状況に立たされていると報じています。
    それによるとNHKやメディアは、広瀬すず主演で19年にスタートする100作目の朝ドラ『なつぞら』ばかりを重要視し、『まんぷく』には注目が集まっていないとのこと。
    主演を務める安藤サクラは、そんなハンデを乗り越える覚悟で、子育てが大変な時期にもかかわらず、撮影に臨んでいるそうです。
    この状況に朝ドラファンからは『話題が広瀬すずばかりなのは気の毒』『NHKは「まんぷく」にも力を入れてほしい』という声もあがっています」(前出・テレビ誌記者)

    カンヌでパルムドールを受賞した「万引き家族」では、迫真の演技を見せた安藤。朝ドラでも熱演を期待したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15261884/
    2018年9月5日 17時58分 アサ芸プラス


    【【芸能】安藤サクラ主演・次期NHK朝ドラ「まんぷく」、注目度が低い理由は…】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/03(月) 11:05:42.85 ID:CAP_USER9.net

    せっかくのチャンスを逃すのは、大方、下手なプライドが邪魔をするからというのが相場だ。
    今秋の月9ドラマでは、大ヒット作「東京ラブストーリー」の名コンビが復活。不調が続くフジテレビにとっては、話題作りに結び付けたいはず。
    だが、主演の織田裕二(50)は、なぜか鈴木保奈美(52)にオカンムリだそうで……。

     ***

    10月から月9枠で放送が始まる「SUITS/スーツ」は、敏腕弁護士役の織田とHey! Say! JUMPの中島裕翔(25)が様々な訴訟に立ち向かうという内容。
    2011年からアメリカで放送され、初回視聴者数460万人を記録した大ヒットドラマのリメイク版だ。

    「8月初めに、その正式な報道発表の案内がフジテレビから送られてきたのですが、違和感を持ちました」

    かつてのカンチとリカも……
    とは、テレビ情報誌記者。

    「あらすじや解説などが書かれている他にキャストが明記されていましたが、具体的な名前が出ているのは、織田と中島の2人だけ。
    残りの出演者は、“ほか”となっていました。実は『東京ラブストーリー』で織田の恋人役を演じた鈴木と27年ぶりに共演するというのに、鈴木のすの字もないのです。
    2人の共演については、すでに女性誌などで報じられていて、隠す必要もないと思うのですがね」

    大ヒットした「東京―」の2人が時間を経て共演するとなれば、話題を呼ぶことは必至。テレビ局側がむしろ積極的に“共演”をアピールしても不思議ではない。
    なにより鈴木の名を載せないどころか、“ほか”扱いとは随分ではないか。

    「名前を外した理由は、鈴木がヒロインではなく、ドラマが男同士のいわゆる“相棒もの”だから」(フジテレビ関係者)

    というのが、オモテ向きの理由だが、実際は異なっていた。

    万が一でもコケたら
    「織田がへそを曲げたからなんです」

    と打ち明けるのはスポーツ紙デスク。

    「原因は、事前に鈴木との共演が女性誌に漏れてしまったことです。話題性を高めるために事前にフジテレビがリークしたのでしょう。
    それ自体はよくある話ですが、織田としては、俳優として成熟したのに、未だに27年も前のことを話題作りにされることが気に入らなかった」

    さらに、リークされて記事になった際に、鈴木と同格の扱いだったことも影響したようだ。

    「鈴木は、石橋貴明と結婚した後、子育てのために一時期、芸能活動を休業していましたからね。『踊る大捜査線』で大ヒットを飛ばした自分を、鈴木と同列にされたくない。
    そんなことがあったので、発表案内では、局側が気を使って名前を載せなかったのです」(同)

    その背景にあるのは、かつてヒットを飛ばした織田に縋(すが)ってでも何とか浮上したいという、崖っぷちに立つフジテレビならではの苦悩というわけだ。

    「現在放送中の月9ドラマ、『絶対零度』が予想外に健闘しています。最近は月9の惨敗が続き、一時は見直しまで囁かれていたほど。
    今回の成功にフジの社内では、これに続けと、『SUITS』に期待が高まっています。
    だからこそ、織田の責任は重大ですよ。『踊る―』以降、彼はヒット作に恵まれず、数字が獲れる保証はありません」

    万が一コケたら、織田の俳優生命にも影響が出てくる可能性もあるというのだ。

    「週刊新潮」2018年8月30日号 掲載

    http://news.livedoor.com/article/detail/15248573/
    2018年9月3日 5時56分 デイリー新潮


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)


    【【芸能】織田裕二、プライドが許さなかった?27年ぶりに共演する鈴木保奈美にオカンムリ】の続きを読む

    このページのトップヘ