今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ:エンタメ > ドラマ



    (出典 realsound.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/07/14(土) 21:34:34.57 ID:CAP_USER9.net

    石原さとみ 『高嶺の花』で囁かれる「キムタク化」への懸念
    7/14(土) 16:00配信 NEWS ポストセブン
    https://www.news-postseven.com/archives/20180714_720619.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180714-00000015-pseven-ent

    今クールの目玉作品のひとつ(番組公式HPより)

    (出典 img2.news-postseven.com)


    キムタク

    (出典 i.ytimg.com)


    作品の看板を背負う主演俳優にとって、求められる役割を全うすることが第一だ。一方で、「期待に違わぬ働き」と、「殻を打ち破る仕事」は相反しやすいのも事実。つまり、存在の大きな役者であればあるほど作品の都度マンネリと戦うことになる。
    ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

    * * *

    夏ドラマが続々とスタート。中でも注目の一作が、ヒットメーカー・野島伸司脚本、石原さとみ主演の『高嶺の花』(日本テレビ系水曜午後10時)。
    視聴者の高い期待を反映してか、初回平均視聴率は11.1%と二桁台の好スタートを切りました。

    第1話はまさしく「石原さとみ」感全開。あらためて存在感のある女優、ということを思い知りました。逆から言えば、「月島もも」という人物から「高嶺感」が漂ってこない。
    歴史と伝統のある名門に生まれた女性なのに、そこに居るのはまさに「石原さとみ」そのもの。気品や奥ゆかしさ、華麗さがそのしぐさや表情から滲み出てこないのは、なぜ?

    伝統文化を守り続けてきた家系、「道」の宗家といったものは、どんな分野であっても奥が深くて複雑な独特の世界を持っています。本質的・思索的とも言えるし、秘密もあれば謎もある。
    悪くいえば前近代的・閉鎖的で、しかしその分、うさんくさいほどに面白く味わい深く掘れば掘るほど発見があり、さまざまな物語が生まれ出る独特のワールドのはず。

    それなのに……。残念なことに『高嶺の花』では、名門華道の家という設定を「小道具」程度の装飾物としか扱っていないように映ってしまうのです。
    一言でいえば、華道というテーマに対する向き合い方が薄っぺらい。

    一般的に、お花というと何だか花嫁修業のように思うかもしれませんが、例えば華道の根源・池坊の家元は、紫雲山頂法寺(通称六角堂)の住職を兼ねています。つまり、仏教の僧侶。また池坊の名称は聖徳太子が沐浴した池に由来していて、つまり仏教と花とは深い関係にあります。

    「高嶺」の二文字が示すのはそれほど「高い」「嶺」を極めるということ。華道を中途半端に扱うとすれば、ももが「名門華道」の「高嶺の人」に見えてこないのも当たり前かもしれません。

    一方このドラマの中で「石原さとみ節」は健在。早口のアルトの声でつぶやいたかと思えば張り裂けんばかりに高く叫ぶ、あの速度感あるセリフ回しが目立ちます。

    これまでそうした「石原さとみ節」が評判をとったことは多々ありました。例えば『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』では、やはり石原節が炸裂していましたが、それと同時に「校閲」という地味な仕事の中味を細かく解説し描き出していて、出版界というやはり個性的な舞台の上で、くるくる変化するファッションで立ち回る石原さんの姿は輝いていました。
    「石原節」が悪目立ちするというよりも、効果的に物語に溶け込んでいたのです。

    あるいは、ヒットした前作『アンナチュラル』では、医療界・法医解剖医という特殊性もあってか、むしろ石原節は相当に抑制されていて、その結果は「良」と出ました。

    では、今回はどうでしょうか?

    どこまで石原さとみテイストを脱ぎ捨てて、登場人物としての空気感をまとえるか。どこまで気品とプライド、まさに「高嶺の花」の雰囲気を漂わすことができるか、試されています。

    「何をやっても石原さとみ」とは、「何をやってもキムタク」に相通じるものがある──という深遠な批評も耳にしました。

    なるほど。キムタクの悲劇とは、考えてみればキムタク1人が悪いのではない。みんなが寄ってたかってキムタクに乗っかって、キムタク節に「依存」してしまうことによって醸造され増殖していった。石原さんがその二の舞になるのか否かは、まだ未知数です。

    例えば、脇役にずらりと上手な人を揃え芝居をしっかりと固める、職業や時代背景といったものを丁寧に細かく彫り込んで描き出す、といった工夫を凝らさない限り、個性的な役者のテイスト感が悪目立ちしてしまいがち──そんな教訓から、いかに学ぶことができるか。
    このドラマの今後を占うヒントが、そのあたりにありそうです。


    【【芸能】石原さとみ 『高嶺の花』どの役を演じても‟石原さとみ”?】の続きを読む



    (出典 img.jisin.jp)



    1 ひかり ★ :2018/07/02(月) 16:02:53.80 ID:CAP_USER9.net

     女優、観月ありさ(41)と俳優、田辺誠一(49)が2日、東京都内で行われたNHK BSプレミアムのW主演ドラマ「捜査会議はリビングで!」(15日スタート、日曜後10・0、全8回)の
    試写会に出席した。

     夫婦を演じる2人は、観月が千葉県警の刑事、田辺がミステリー作家の役。27年連続、31作目の主演連続ドラマとなる観月は「とてもありがたく思います。いつまで主演でやっていられるか分かりませんが、
    この先、28年、29年、30年と続けていきたい」と笑顔で語った。

     サッカーW杯ロシア大会については「日本戦も外国戦も見ています。番狂わせが多いし、楽しい。日本代表の試合のある日はみんな撮影を早く終えて、自宅で見ています。代表が勝つと撮影も順調です」と
    撮影裏話を打ち明けた。

    サンスポ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000551-sanspo-ent

    (出典 www.sanspo.com)


    【【芸能】観月ありさ&田辺誠一 W主演ドラマ「捜査会議はリビングで!」15日より放送開始【画像あり】】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/30(土) 17:45:57.62 ID:CAP_USER9.net

    沢村一樹、新機軸刑事ドラマに「初体験をみんなで」
    2018年6月30日15時41分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806300000534.html

    フジテレビドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」の会見に登壇した、前列左から本田翼、沢村一樹、横山裕、後列左から平田満、伊藤淳史、柄本時生(撮影・垰建太)

    (出典 www.nikkansports.com)


    俳優沢村一樹(50)が30日、都内で、主演するフジテレビ系「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(7月9日スタート、月曜午後9時)の会見に、共演の横山裕、本田翼、柄本時生、平田満、伊藤淳史と出席した。沢村の同局看板ドラマ枠「月9」(月曜午後9時)の主演は初めて。未来の犯罪を予測して犯罪を未然に防ぐ捜査チームを描く。

    沢村は月9初主演に「正直、何で、と思った。セクシー部長とかエロ男爵とか呼ばれているが、恋愛ものをやったことがないので」とオファーに驚いたという。
    ただ、台本を読んで「犯人がいない新しいタイプの刑事ドラマ。現場も意気込んでいる。熱気でいっぱいなので声をかけていただいたことに感謝しています」と語った。

    会見では、個人的に未然に防ぎたかったエピソードを紹介。「本名が野村耕蔵。その名前を付けるのを防げたらよかった。小学校時代、クラス替えで自己紹介するのが恥ずかしかった。今はちょうどいいけど」と明かし、共演者の笑いを誘った。

    また「テクノロジーが進むと自分たちはあらためて人間だと気付かされる。人間くさい、生々しいドラマになっています」とPRした。
    さらに「こういう刑事ドラマは視聴者も初体験だと思う。エロ男爵的に言うと7月9日、初体験の夜をみんなで過ごしませんか」と語った。

    横山は「最後の言葉はいらなかった。未然に防ぎたかった」と笑っていた。その横山も未然に防ぎたかった個人的なエピソードを紹介。
    「2年前に弟が結婚しましたが、うれしくて結婚式の1週間前に一緒にご飯を食べ、生ものを食べたらあたってしまい、弟が結婚式の当日まで入院。式のリハができず、式では両親のあいさつの時、僕に向かって僕の兄ですと紹介してしまった」と明かした。

    また、作品について横山は「海外ドラマのようなスケールの大きさを感じる」とし、「沢村さんとアクションシーンをやって、撮り終わった後に監督がご機嫌だった」と手応えを感じていた。

    会見では、番組タイトルにちなんで「絶対○度」の○に好きな数字を入れて紹介する企画も。
    平田は「42。好きなお風呂の温度」と語ると、横山は「本当は100だけど20。昨日、時生くんが遅刻したから」と暴露。
    柄本は「45と言うと、遅刻した時間の45分です」と苦笑した。
    伊藤は「15。僕は週1しか撮影していないので100を7で割ってこれぐらいかと」。
    本田は「64。好きなゲーム機」。沢村は「7・9。7月9日からオンエアなので」と語った。


    【【芸能】沢村一樹 月9・刑事ドラマ『絶対零度』 視聴者へ「初体験の夜をみんなで過ごしませんか」【画像あり】】の続きを読む



    (出典 wired.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/24(日) 02:56:40.83 ID:CAP_USER9.net

    “キー局NG”名作ドラマも再放送 “遺産を継承”するローカル局の役割
    6/23(土) 8:40配信 オリコン
    https://www.oricon.co.jp/special/51322/

    神奈川県とその周辺を放送対象とするテレビ神奈川、通称tvk。現在同局では、毎週月曜~水曜の夜10時から故・松田優作さんの『探偵物語』(1979年)を放送している。
    過去には、萩原健一『傷だらけの天使』、舘ひろし・柴田恭兵『あぶない刑事』も放送しており、同地域にお住まいなら、ザッピング中に突如、懐かしい4:3の画角が出現し、思わず手が止まった経験のある方も多いだろう。
    かつての名作ドラマが、制作した本来のキー局ではなく、ローカル局で放送することはこれまでにもあったが、昨今ではその意味合いが大きく異なってきているようだ。

    ■時代劇・韓流ドラマ・刑事ドラマ…需要ある世代に向けたローカル局の編成プログラム

    ローカル局とは、東京キー局(日本テレ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)に属するネットワーク局、そしてそのネットワークに属さない「独立U局」に分類される。
    独立U局は、TOKYO MXテレビ、テレビ神奈川、テレビ埼玉、チバテレビ、岐阜放送、京都放送など13局が存在。
    関東近郊の放送局では主に朝9時台や正午前後に、時代劇や韓流ドラマなどを放送。
    故・萬谷錦之助さんの『鬼平犯科帳』や里見浩太朗さんの『大江戸捜査網』などの名作を編成。高齢者や主婦層向けの編成で支持を得ている。

    tvkは00年代、“UHFのアニメの雄”としてアニメファンからも注目された。
    だがTOKYO MXがアニメの本数を増やし、その地位が奪い取られるや、『あぶない刑事』、『傷だらけの天使』、『探偵物語』など、主に40代向けラインナップを送る現在の枠を構築していった。

    ■スポンサーへの配慮もキー局ほど“ガチガチ”ではない!?

    なぜこれら再放送が元のキー局ではなく、ローカル局なのか? メディア研究家の衣輪晋一氏は「理由の一つとして“コンプライアンス”への配慮」と解説する。

    「一昔前のテレビは、プライム帯でも暴力シーンや喫煙、未成年の飲酒シーン、女性のむき出しのバストなども放送されていました。だが昨今、これに不快感を示す声が増え、放送がためらわれる傾向に。
    一方で独立U局は“メインではない”ことから批判されにくい強みがあります。また独立U局の収入源は通信販売が断トツで多いとする研究があり、スポンサーにそこまで縛られていない。
    それゆえ自由で、コンプライアンス的にやや“ユルい”体制が取りやすくなっていると考えられます」(衣輪氏)

    ■キー局の現状は? かつては隆盛だった再放送ドラマ枠の今…

    現在のキー局の再放送事情についても考えてみよう。今も再放送枠を設ける局はフジテレビとテレビ朝日だ。
    テレビ朝日は『相棒』、『科捜研の女』など刑事ものやミステリー、早朝の時代劇枠が好評。
    フジテレビは現在、夕方帯に『コード・ブルー』を放送中だ。これは7月の同映画に向けての宣伝であり、これまでも新ドラマに出演する俳優の直近の過去ドラマを再放送してきた流れがある。

    日本テレビは2003年3月まで、夕方4時台に再放送していた。TBSでは5時からの再放送を観た視聴者も多いだろう。だが日テレは同時間帯を情報番組へと変え、TBSも2009年を境に午前中に再放送していた「三井奥様劇場」枠、夕方5時の再放送ドラマ枠を情報・報道番組へと改編。
    情報番組や報道バラエティは増加の一途を辿り、現在はバラエティも情報番組的なアプローチのコンテンツが多くなっている。

    情報番組が増加した背景について、「そもそも情報番組は、“ネタ切れ”のときに、安価にそこそこ数字がとれる“逃げ”の優良コンテンツとして重宝されていた。
    だが80・90年代のテレビ黄金期を経て、バラエティもドラマもネタが枯渇。もちろん再放送ドラマもネタ切れし、その結果、“逃げ”だったコンテンツがメインとなっているのが現状のようです」(衣輪氏)

    >>2以降に続きます。


    【【芸能】暴力、喫煙、未成年飲酒シーンなどの『キー局NGドラマ』もローカル局で再放送】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/06/11(月) 11:51:50.45 ID:CAP_USER9.net

    嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第8話は16.6% 急上昇で自己最高更新!今期トップ!
    2018年6月11日 09:20 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/11/kiji/20180610s00041000254000c.html

    「ブラックペアン」に出演する竹内涼真(左)と葵わかな

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    嵐の二宮和也(34)が主演を務め、ダークヒーローぶりが話題を呼ぶTBS日曜劇場「ブラックペアン」(日曜後9・00)の第8話が10日に放送され、平均視聴率は16・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。物語も最終章に突入し、自己最高を更新。今クールの民放連続ドラマで1位の数字を叩き出した。

    これまで初回13・7%で好スタートを切ると、第2話=12・4%、第3話=12・1%、第4話=13・1%、第5話=13・4%、第6話=13・0%、第7話=13・0%と高水準で推移していた。前回から一気に3・6ポイントの急上昇。テレビ朝日「特捜9」(水曜後9・00)の初回16・0%を上回り、今クールトップに躍り出た。最終回まであと2回、テレ朝の刑事ドラマ3本を猛追し、平均でも今クール1位を狙う。

    同ドラマは医師で作家の海堂尊氏の小説「新装版ブラックペアン1988」(講談社文庫)が原作。シリーズ累計150万部を超え、映画化・ドラマ化もされた「チーム・バチスタの栄光」の原点となる人気作。嫉妬渦巻く大学病院を舞台に、医学の限界や大きな権力に立ち向かう男たちの生き様を熱く描く。

    二宮は傲慢な性格と言動で「オペ室の悪魔」と呼ばれ、ヒラ医局員だが、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎を“怪演”。新たなダークヒーローを生み出した。タイトルの「ブラックペアン」とは真っ黒なペアン(止血用鉗子)を指す。脚本はTBS「小さな巨人」などの丑尾健太郎氏ら。演出は「下町ロケット」「陸王」や映画「祈りの幕が下りる時」などの福澤克雄氏を筆頭に、田中健太氏、渡瀬暁彦氏の3人が務める。

    共演は竹内涼真(24)葵わかな(19)倍賞美津子(71)加藤綾子(32)加藤浩次(48)市川猿之助(42)小泉孝太郎(39)内野聖陽(49)ら豪華キャストが勢揃い。主題歌は小田和正(70)の「この道を」。第8話から物語は最終章に突入。第8話には原作者の海堂氏も東城大に所属する医師の1人としてエキストラ出演した。

    第8話は、厚生労働省主導の下、開発された最先端の手術支援ロボット「カエサル」治験も最終段階。外科学会理事会でカエサルのお披露目の手術を帝華大と東城大の合同で行いたいと西崎(市川猿之助)が佐伯(内野聖陽)に申し入れる。合同と言いながらも、帝華大主導となり、東城大には何のメリットもないと判断した佐伯は西崎が執刀医となることを提案。
    合同チームには渡海、高階(小泉)、世良(竹内)も加わることになった。一方、手術中に佐伯が器具を落とすミスを*、渡海や世良らは違和感を覚える。その後、学内でも、佐伯が大学を不在にすることが増えたと話題になり…という展開だった。


    【【芸能】嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第8話平均視聴率が今期の民放ドラマでトップに!】の続きを読む

    このページのトップヘ