今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ:芸能 > 海外



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 ほニーテール ★ :2018/07/13(金) 17:38:58.77 ID:CAP_USER9.net

    ヘンリー・カヴィルがオーストラリア版「GQ」誌に「#Me Too」運動への思いを語った。


    ヘンリーは、恋愛話になると、物事は時代とともに確実に変わっていくものだと前置きしながら、「過去の良いことはそのまま継承すべき」という持論を展開。どういうことかというと、「男っていうのは女性を追いかけたいものなんだ。伝統的なアプローチだし、ぼくはそれをいいなと思う。女性は求められ、追いかけられる対象であるべきだと思う。まぁ古い考えなのかもしれないけどね」とのこと。いささか古風な恋愛観を披露した。

    しかし、「#Me Too」運動が盛んな現在、そういった恋愛観を持つヘンリーは、女性を口説くのが怖くなっているという。「(お目当ての女性に)近付いて、話しかけるのは難しいね。だって、レイプ犯だとかって呼ばれたくないから。だったら元カノでも呼び出して、元サヤに戻って…てことになっちゃうんだ。絶対にうまくいかないってわかっていてもね」。

    この意見に女性たちから「女性をデートに誘うこととセクハラの差をわかっていない」「追いかけられたくなんてない、ひとりの女性として敬ってほしい」という非難が殺到し、ヘンリーがマネージャーのツイッターで謝罪文をツイートする騒動に。
    「混乱や誤解を与えてしまったことを大変申し訳なく思います」「これだけは伝えたい。ぼくはいままで友だちであれ、仕事仲間であれ、恋人であれどんな関係でも女性に対して敬意を払ってきたし、これからもそうします」と主張した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000005-cine-movi


    【【芸能】 ヘンリー・カヴィル「女性をデートに誘うこととセクハラの差をわかっていない」と非難される】の続きを読む



    (出典 iwiz-cmspf.c.yimg.jp)



    1 ほニーテール ★ :2018/07/09(月) 07:57:03.11 ID:CAP_USER9.net

    6月上旬、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017年)でローズ役を演じたアジア系女優、ケリー・マリー・トランがインスタグラムの全投稿を削除したことが、米国を中心に衝撃をもたらした。

    本人はインスタ削除の理由を明かしてはいないが、2017年12月の同作公開直後から、キャスティングや演技、役そのものに対する批判、さらには、彼女の人種や性別、容姿、プライベートに関する中傷が相次いだことが原因と見られている。ネット時代の今、トランやハリウッドに限ったことではない「批評と中傷の境界線」はどこにあるのか?

    ➖ SNSから去っていく俳優たち

    トランのほかにも、『スター・ウォーズ』シリーズでは2016年に、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2016年)で主人公のレイ役を演じたデイジー・リドリーが、同年、自身のインスタグラムをクローズ。銃暴力に反対する姿勢を見せたところ、「映画では銃を放っているくせに偽善者だ」という趣旨の非難を受けたことが原因とされ、「ソーシャルメディアが自分の精神衛生上、よくないと判断した」とコメントしている。

    同年にはまた、女性キャストでのリブート版『ゴーストバスターズ』(2016年)のアフリカ系女優レスリー・ジョーンズが、人種差別的中傷を浴びて、ツイッターをストップ(応援の声を受け2日後に再開)。「作品を嫌うことは構わないけれど、この悪意は耐えられない」と吐露した。

    2017年末には、『君の名前で僕を呼んで』が讃美された俳優アーミー・ハマーが、「白人富裕層だからこそ、失敗作の連続でもいい役をもらうことができた」という批評記事に反発したうえで、ツイッターを去っている(2018年1月に再開)。

    ➖ 「言論の自由」は「何を言ってもいい」ことなのか?

    それぞれのケースで投稿の内容、SNSアカウント削除の理由、発言者が匿名か否かなど状況が異なるため、ひとくくりにすることはできない。

    映画や俳優だけでなく、すべての作品や商品、サービス、発言などにおいて、批評や批判はつきものであり、ファンや消費者にはそれらをする権利がある。権利どころか、そうした人々がいてくれるからこそ、作品や商品が世に羽ばたけるわけで、ある意味で共同制作者といえるぐらい大切な存在だろう。酷に見える意見やバズでも、有名税、言論の自由の範囲と判断されることも多い。

    ➖ 批評と中傷の境界線とは

    では、批評(や意見や感想)と中傷の境界線はどこにあるのか? ひとつの指標は、「人種や性別、外見、家庭環境など、生まれつきのものや自分では変えられないもの」ではないだろうか?

    キャスティングに反対だからと、俳優の外見や人種を笑うこと、面と向かっては絶対にやらない侮辱をすることは、もう批評の域を超えている。米国には以前から、中傷のギリギリ・ラインの要素を毒舌トークや皮肉コントに織り交ぜるコメディアンが多いが、最近は、そうした発言が差別的と断罪され、即キャリアを失うケースが続出している。

    一般企業においても、つい先日(6月22日)、ネットフリックス社が黒人差別用語を発したベテラン重役を解雇した。

    ➖ 匿名だからこそ意識したいこと

    ネット上で身分を明かさずに行う匿名発言は、自身も批判の対象となるリスクと責任を覚悟のうえで行う発言よりも、境界線の自己診断が必要なものだろう。

    筆者にも、思い入れのある漫画がアニメ化されたときに、その声優キャスティングに激しく落胆した経験がある。それでも、その落胆と声優のひととなりは、まったく関係のないこと。

    アジア人俳優が役を得ることが至難であるハリウッドにおいて、やっとチャンスを得た1人であるトランが、演技やキャリアとは関係のないところで、ここまで追い詰められなければならなかったことはやるせない。批評と中傷の境界線における万国共通の答えはないのかもしれないが、投稿の先に“生身の人”がいることは忘れないでいたい。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010000-dmenueiga-movi&p=2


    【【芸能】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』出演女優が総バッシングを受けインスタの全投稿削除…】の続きを読む



    (出典 img.barks.jp)



    1 湛然 ★ :2018/07/09(月) 05:07:41.68 ID:CAP_USER9.net

    7/9(月) 5:03 日刊スポーツ
    J・ビーバー、モデルのH・ボールドウィンと婚約

    ジャスティン・ビーバー

     米歌手ジャスティン・ビーバー(24)が、交際中の恋人でモデルのヘイリー・ボールドウィン(21)と婚約したとのうわさが浮上した。

     米情報サイトTMZによると、2人の女性たちが、ビーバーがバハマのリゾートでボールドウィンにプロポーズしているのを目撃したと証言。

        これによると、リゾートのレストラン内で、ビーバーのボディーガードが、「これから特別なことが起こる」と発表し、他の客たちの携帯電話を取り上げた後、ビーバーがみんなの前でプロポーズしたという。

     同サイトによると、別の情報筋も、ビーバーとヘイリーが8日夜、婚約したと語っているという。ビーバーとボールドウィンは約1カ月前に交際をスタートして以来、終始、行動を共にしており、キスしている現場写真などを何度もパパラッチに撮られていた。

     数年前にも一時期、交際していた2人だが、先月、ロマンスが再浮上。ボールドウィンが左手の薬指に大きなダイヤモンドの指輪が光っていたことから、婚約のうわさが報じられた。

     正式発表はまだだが、ビーバーの父ジェレミーさんも8日、ビーバーの写真とともに、「とても誇りに思っている。人生の次の章にエキサイトしている!」と喜びのツイートをしている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

    (ニューヨーク=鹿目直子)


    ジャスティン・ビーバー

    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00262360-nksports-ent


    【【芸能】ジャスティン・ビーバーが恋人のヘイリー・ボールドウィンと婚約】の続きを読む

    このページのトップヘ