今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ:芸能 > 芸人



    (出典 nissy0909.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/23(水) 06:55:24.51 ID:+h0ioYBr9.net

    あの男にとってこの人選は最悪!?

    千鳥のノブがバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の看板企画「ゴチになります」の新メンバーとして参戦することが発表されたのは去る1月17日放送回。
    同回で新シーズンがスタートし、ノブの他に土屋太鳳の加入が決定。
    公式発表前に番組ファンが新メンバーの特定を始めており、すでに出されていたヒントから2人が新レギュラー濃厚と言われていただけに、
    発表にはそれほど驚きは与えられなかったが、流行りの芸人と、人気若手女優という人選にはファンも大いに満足しているようだ。

    また、ノブが新メンバーになったことで一部の番組ファンからは同コーナーと関係が深いある男の必要性がさらになくなったという声が上がっている。

    「一昨年の年間成績の結果、4度目のクビとなってしまったナインティナイン・矢部浩之ですね。
    矢部は昨年12月20日放送回で同コーナーへのレギュラー復帰を目指しましたが、残念ながらそのチャンスを生かすことができず、2年連続のゴチバトル不参加が決まっています。
    しかし、ネット上の反応を見ると、矢部の復帰失敗を喜ぶ声は多数見受けられており、その大半の理由は単純に『つまらないから』というもの。
    そのため、ツッコミもできて、自分1人でも笑いを取ることができるノブが加入したことでより矢部の必要性がなくなってしまい、
    『さすがにツッコミ2人はいらないよな』『ノブがいたら矢部は文句なしにいらないだろ』など、正論ではあるものの、どぎつい意見が浴びせられています」(エンタメ誌ライター)

    仮にノブが卒業して矢部が復帰することになれば、物足りなさを感じる人が出てくることもすでに目に見えているだけに、矢部にとってはより肩身が狭くなってしまったか?

    http://news.livedoor.com/article/detail/15911462/
    2019年1月23日 5時59分 アサ芸プラス


    【【芸能】ナイナイ矢部浩之、「ゴチ」に千鳥ノブが参戦し、益々肩身が狭くなった?】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/01/22(火) 08:56:41.82 ID:Avw+KCX19.net

    [2019年01月22日08時43分]
    脳動脈瘤(りゅう)を治療するカテーテル手術を受けていた安田大サーカスのクロちゃん(42)が、「入院してるのを言えない状況があり、心が痛かったです」と当時の心境を語った。

    クロちゃんは昨年10月に放送されたTBS系「名医のTHE太鼓判!」で脳に直径7ミリもの動脈瘤(りゅう)が発見され、4日に入院。8日に手術を受け、13日に退院していた。入院をSNSなどで発表しなかったが、「毎日、更新できないとファンが心配する」と更新を続けていたという。

    21日更新のツイッターでは「今回の手術に関して色々ありました」と書き出し、「フォロワーのみなさん、心配してくださるツイートなどもたくさんありがとうございました。それに反応できなくて、すみませんでした」と感謝と謝罪の言葉をつづった。

    「僕自身、いつになるかなど決まるまで時間がかかったり、入院してるのを言えない状況があり、心が痛かったです」と振り返り、「そして、感謝」とつづった。
    https://www.nikkansports.com/m/entertainment/news/amp/201901220000134.html


    【【芸能】 クロちゃん、脳動脈瘤の手術の為入院していたことを公表できず…心配の声に感謝と謝罪】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/22(火) 08:11:58.86 ID:iRwwIF2k9.net

    くりぃむしちゅー上田晋也が、21日放送の『女が女に怒る夜』(日本テレビ系)に出演。MCを務める『おしゃれイズム』(同系)での本音を爆発させた。

    番組では、「女が嫌いな女」についてトーク。「男性がいる環境になると急に友達ぶってくる女性」、
    「カラオケに行って『この曲本当に超好き、マジ泣きそう』と言いながらすぐデンモクにいく女性」など、あるある話が展開。

    その中で若槻千夏が挙げたのが、「いまだに『特技はものまねです』って言う新人アイドル」。
    共演者は「まだいる?」と生存確認していたが、くりぃむ上田は「漏れなく、クレヨンしんちゃんな!」と賛同。いとうあさこも「あと、ドナルドダック」と続けた。

    すると上田は、「そうそう、『おしゃれイズム』とかでもいるのよ」と切り出し、「(ゲストの)アイドルグループの1人が、
    『私の特技がものまねです。クレヨンしんちゃんです。オラ、しんのすけだぞ』(とものまねをする)」と報告。
    さらに、その直後に「ヘドが出るな!」と嫌悪感丸出し。上田のブラックな部分に、いとうは「(『おしゃれイズム』)見れなくなっちゃうから!」と戸惑っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15906911/
    2019年1月22日 7時30分 RBB TODAY


    【【芸能】くりぃむしちゅーの上田晋也、アイドルによるクレヨンしんちゃんのモノマネに嫌悪感丸出し!】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 湛然 ★ :2019/01/22(火) 05:07:15.75 ID:U5mmAbpu9.net

    2019/01/21 14:37 
    なだぎ武、“スペインの悪魔”にそっくりだった

    お笑いタレントのなだぎ武(48歳)が1月20日、自身のInstagramで、“スペインの悪魔”にそっくりなことに驚いている。

    なだぎはこの日、「この悪魔の銅像の顔が私過ぎてみんな見てくれ、、」と、銅像の写真を投稿。そこに映るのは目鼻のバランス、口の大きさや口角の上がり方、眉毛の太さなどがなだぎそっくりの銅像の姿だ。

    この銅像に、なだぎは「スペインのセゴビアにあるらしいねんけど……写真撮りにスペインまで行きたいくらいや」と興味を抱いている。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



    (出典 cdn.narinari.com)


    https://www.narinari.com/Nd/20190152933.html


    【【芸能】なだぎ武「この悪魔の銅像の顔が私過ぎてみんな見てくれ、、」【画像あり】】の続きを読む



    (出典 scdn.line-apps.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/19(土) 20:54:00.17 ID:ul7cBk5w9.net

    とんねるずの木梨憲武が、自身のInstagramアカウントを開設し反響を呼んでいる。

    木梨は、19日に放送されたTBSラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』番組内で自身のInstagramアカウントを開設したと発表。

    開設されたInstagramの初投稿には「インスタはじめました。」の言葉とともに“憲”の印を写した写真が掲載されている。

    木梨のSNSアカウント開設は今回が初めてということで、投稿のコメント欄には「待ってましたーー!」「やったぁーーっ!ノリさんインスタ楽しみにしてます」「インスタ嬉しい!」など喜びの声が多数寄せられ、早くも話題となっている。

    TBSラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』は2月8日(金)に『木梨の会。チャリティーフェスタボー presented by TBS』を開催。マイナビBLITZ赤坂を舞台に、歌やトーク、お見合い企画などが予定されており、
    木梨、古谷有美(TBSアナウンサー)、カンニング竹山の他にも様々な出演者が登場する。

    さらに現在、大分県立美術館 OPAMで『木梨憲武展 Timingー瞬間の光りー』を開催中。絵画、ドローイング、映像、オブジェなど表現方法に縛られない作品が多数展示されており、2020年まで全国をまわる。

    木梨は、高校時代に石橋貴明ととんねるずを結成。その後、数々のテレビ番組で活躍し、歌手としてもミリオンセールスを果たしている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15895917/
    2019年1月19日 13時54分 E-TALENTBANK


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 up.gc-img.net)



    (出典 Youtube)

    ガラガラヘビがやってくる


    【【芸能】木梨憲武、満を持してインスタを開設!コメント欄に喜びの声が寄せられる】の続きを読む

    このページのトップヘ