今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ: エンタメ



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 胸のときめき ★ :2019/01/19(土) 19:47:38.98 ID:Ph63XKii9.net

    1月8日からテレビドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」(TBS系)がスタートした。同ドラマでヒロインを務める本田翼に、視聴者から絶賛の声が飛び交っているという。

    「このドラマは、オンラインゲーム『ドラゴンクエストX』で知り合った男女が、ひょんなことからルームシェアを始めるというラブコメディです。本作でヒロインを務める本田は、美脚を露わにした部屋着で登場したり、丈の短いスカートのニーハイ姿のまま、座ってゲームをプレイするシーンなどがあったため、大きな反響を呼んでいます」(テレビ誌記者)

     同ドラマでの本田について、視聴者からは「彼女が出演したドラマ史上、最高に可愛い!」と絶賛されており、ゲームプレイシーンでは立ち上がる際に、スカートの中身が見えそうになっていたことで「艶すぎる!」「足がキレイ」との声も相次いだ。



    (出典 img.asagei.com)


    https://www.asagei.com/excerpt/120017


    【【ドラマ】本田翼『ゆうべはお楽しみでしたね』視聴者からは「彼女が出演したドラマ史上、最高に可愛い!」と絶賛の声】の続きを読む



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 ばーど ★ :2019/01/19(土) 10:09:18.31 ID:F5dSF8qq9.net

    クイーンのボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を描き、世界で大ヒットを記録している映画『ボヘミアン・ラプソディ』。本作で見事にフレディを熱演したラミ・マレックの起用理由を、プロデューサーのグレアム・キングが明かした。

    【写真】違う人が演じたかも…フレディ役の候補だった人たち
    サシャ・バロン・コーエンとベン・ウィショー

    (出典 img.cinematoday.jp)


    「フレディを演じる俳優探しは、何よりも大切だった」と強調するグレアム。「私がイギリスで『マリアンヌ』を撮影していた時、同僚のデニス・オサリヴァンが電話をくれて『ラミ・マレックに会わなければだめだ。彼ならフレディをやれると思う』と言った。ロサンゼルスに戻ると、ラミ・マレックが私のオフィスにやって来た。ミーティングは3、4時間続いたが、彼はとても興奮していて、天井に頭をぶつける勢いだったよ(笑)」とラミと会ったときのことを振り返る。
    .
    ラミといえばドラマ「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」をはじめ、映画『ナイト ミュージアム』シリーズなど、これまでも多くの作品に出演。グレアムは彼ならフレディを演じられると確信した理由について「第一に、ラミにはこの仕事について長い経験があった。彼と3、4時間も話をすると、何か惹かれるものがあることに気づく。彼なら見かけを変えることもできるし、その能力があることも分かった」と語る。
    .
    「デニスも私も、ラミが居心地悪くなるほど、彼をじっと見つめていた。彼の言動やしぐさを見て、くぎ付けになってしまったんだ。フレディの物まねをしていたわけではなく、ラミのままでとても自然だったけれど、どこかピンとくるものがあった。彼はフレディに関して大量のリサーチをやっていたし、情熱とエネルギーにあふれていた。そこが訴えてきたんだ。私たちは決して物まねをする俳優を求めてはいなかった。ドキュメンタリーではなく、エンターテインメントを作ろうとしていたからね」
    .
    結果、ラミが演じたフレディは多くの人が知っての通り、大絶賛を浴びることに。先日発表された第76回ゴールデン・グローブ賞では男優賞(ドラマ)に輝き、映画自体も作品賞(ドラマ)を受賞した。22日に発表される第91回アカデミー賞のノミネーションにも期待が高まる。(編集部・中山雄一朗)

    1/19(土) 9:28
    シネマトゥデイ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00000001-flix-movi

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    関連スレ
    【映画/音楽】『ボヘミアン・ラプソディ』ライヴ・エイドの完コピがすごい!実際の映像と比較
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1547522716/

    Bohemian Rhapsody | Live Aid Side by Side: "Crazy Little Thing Called Love" | 20th Century FOX

    (出典 Youtube)


    【【映画】「ボヘミアン・ラプソディ」 主演にラミ・マレックを起用した理由をプロデューサーが明かす】の続きを読む



    (出典 media.wsimag.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/21(月) 19:22:41.11 ID:QXocWhmq9.net

    近年のハリウッドでは、映画やドラマシリーズ登場人物に多様性をもたせようという、"ダイバーシティ"の風が強くなっているが、その流れを受けてか、米ドラマでは「男性よりも女性の主役の方が2倍も多い」ことが調査で判明したという。

    英Digital Spyによると、企画段階にあるドラマ作品と製作中のシリーズ251タイトルを対象に調査を行ったのは、英分析会社「Ampere Analysis」。その結果、単独で女性キャラクターが主役を務める作品が42パーセントを占め、男性が単独で主役を張る作品は、その半数以下となる20パーセントにしか満たないことが判明したとのこと。

    新作となる『Melanie(原題)』や『Under the Bridge(原題)』、『100 Days without Fear(原題)』、『Lean on Me(原題)』といったシリーズの主役はいずれも女性で、特に米 CWと米NBCに単独で女性キャラクターが主役を務める作品が目立っていたという。

    また、主人公が就いている職業については、男性キャラクターの主役がFBIやCIA、警官といった具合に偏りが見られるのに対して、女性の主人公の仕事は医師やスポーツ選手などバラエティに富んでいるとも分析されている。

    確かに、すでにリリースされて人気を博しているシリーズのなかには、デストピアな世界で虐げられている主人公ジューンの波乱万丈な人生を描く『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』や、主婦がコメディエンヌとして自立を目指す『マーベラス・ミセス・メイゼル』、女性CIA分析官がテロの脅威に立ち向かう『HOMELAND』など、女優が主演する作品が多いように感じる。

    また、これまでに男優が主演を続けてきた英人気長寿SFドラマシリーズ『ドクター・フー』は、ついに13代目にして初となる女性ドクターが誕生。ジョディ・ウィッテカー(『ブロードチャーチ ~殺意の町~』)が主演する最新シーズンは、高視聴率を叩き出して好評を得ているようだ。

    これから海外ドラマ界で、さらなる女性の進出&活躍が続くのか見守っていきたい。(海外ドラマNAVI)


    2019.01.20 20:00
    https://dramanavi.net/news/2019/01/2-1161.php

    (出典 dramanavi.net)


    【【海外】アメリカのドラマでは男性より女性主人公の方が2倍も多いことが明らかに】の続きを読む



    (出典 chicks-talk.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/21(月) 14:15:50.46 ID:aSi08ny79.net

    1月8日、女優の広瀬アリスが映画「AI崩壊」で演じる刑事のショットが公開された。
    アリスが演じるのはクールな若手の刑事。そのイメージを出すために髪を25センチも切り、6年ぶりにショートカットにしたという。

    凛とした姿に絶賛の声が上がり、中には「妹のすずちゃんに似ている」という声も。
    アリス自身も似ていることを自覚しているという。

    「女優としては、すずのほうがアリスの一歩先を行っているという評価を受けています。そのため一時は姉妹の不仲が報じられたこともありました。
    実際はとても仲がよく、いい関係を保っています。ですからアリスはすずに似ていると言われることを、悪く思っていないようです」(週刊誌記者)

    今回の映画ですずに追いつき追い越すような活躍が期待されるが、残念ながらショートカットよりも別のものが目立ったしまったようなのだ。
    それはアリスのガッチリとした体格。

    「彼女は以前から体格のよさが指摘されています。学生時代にバスケットをしていたせいでしょう。
    今回の写真も肩幅があって、ガッチリした体つきなのがよくわかります。はっきり言うと“強そう”です(笑)。
    男性ファンの間では、ゴリラと呼ばれていますね。そのぶん、刑事らしくはなりました」(芸能ライター)

    男性ファンの中には、その“ガタイのよさ”が広瀬アリスの魅力であるという人も。
    映画「AI崩壊」では、彼女のよさがたっぷりと味わえるかもしれない。公開は2020年を予定している。

    http://dailynewsonline.jp/article/1660586/
    2019.01.21 09:58 アサ芸プラス


    (出典 www.cinemacafe.net)


    (出典 matoryo.info)


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 i2.wp.com)


    【【芸能】広瀬アリス、体格の良さが映画で演じる刑事役にもピッタリ!?】の続きを読む



    (出典 realsound.jp)



    1 ばーど ★ :2019/01/21(月) 09:47:45.79 ID:tg+32J4i9.net

     女優の高畑充希(27)が主演を務めるTBSドラマ「メゾン・ド・ポリス」(金曜後10・00)の第2話は18日に放送され、平均視聴率が12・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが21日、分かった。初回は12・7%で、昨年1月期に放送され、大ヒットした同枠ドラマ「アンナチュラル」の初回に並ぶ数字だった。

     加藤実秋氏の同名小説シリーズが原作で、退職警察官専用のシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」のメンバーたちが新米刑事の高畑を支える物語。高畑の主な共演者は40代以上の男性俳優ばかりで、元敏腕刑事でシェアハウスの雑用係を西島秀俊(47)、元警務課勤務で管理人を小日向文世(64)、元科学捜査のプロを野口五郎(62)、元熱血刑事を角野卓造(70)、元警察庁のキャリアを近藤正臣(76)が演じる。

     第2話は、独居老人の平松祥恵(内田尋子)が自宅で死亡しているのが発見され、現場は密室状態で遺書も発見された。そのため柳町北署では自殺として捜査が進むが、ひより(高畑)は違和感を覚え他殺を疑う。前回の事件がきっかけでメゾンのおじさまたちのリーダーにされてしまったひよりは、藤堂(野口)と迫田(角野)を伴い遺体発見現場を訪れる…という展開だった。

    :1/21(月) 9:45
    スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000085-spnannex-ent

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【【ドラマ】高畑充希主演『メゾン・ド・ポリス』視聴率は2話続けて2桁と好調】の続きを読む

    このページのトップヘ