今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ: エンタメ



    (出典 www.hochi.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/09/20(木) 11:11:17.69 ID:CAP_USER9.net

    打ち上げに全身黒のシックな出で立ちで参加した石原
     ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の打ち上げで、思わず涙を流してしまう石原さとみ(31才)の姿があった。

    「他の人たちは3分程度のスピーチだったんですが、石原さんは10分近くも作品に対する思いを語っていました。でも、途中から泣きだしてしまって…ドラマにかけた熱意が強かった分、悔しかったのかもしれません」(参加者の1人)

     9月12日の夜、東京・原宿のイタリアンレストランで『高嶺の花』の打ち上げが行われた。主演の石原さとみ(31才)が演じたのは、華道の名門の家に生まれ、財力やキャリアに加えて美貌も持ち合わせた女性。ところが結婚式当日に破談となり、平凡な自転車店店主と恋に落ちてしまうという“超・格差恋愛”物語だ。

    「相手役に昨年放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』でブレークした、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸さん(40才)を迎え、脚本は野島伸司さん(55才)。話題性に富んでいて、始まる前から局内では“これは高視聴率が狙えるぞ”と期待されていました」(テレビ局関係者)

     しかし、読みは外れた。視聴率は初回こそ11.1%だったものの、その後は下落が続き、1ケタ台で安定してしまっていた。

     冒頭の打ち上げはそんな“惨敗ムード”を感じさせない明るい雰囲気で始まったのだが、最後に石原が挨拶に立つと雰囲気が一変したという。

    「石原さんは7~8年前に野島さんと初めて食事をした時に、“経験の少ない今のあなたではラブストーリーは書けない”と言われて、かなり悔しかったそうです。それから奮起した彼女はさまざまな経験を積んで、昨年、野島さんに逆オファーし、『高嶺の花』が実現したと熱く語っていました。でも、視聴率という結果が出なかったことに対し、その後は“勝てなかった”“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”と、涙を流し始めて…会場は静まり返ってしまいました」(前出・参加者)

     石原がこれほどまでに「勝ち負け」にこだわったのは、“ライバル”の存在もあるという。それは同じ事務所で年齢も近い綾瀬はるか(33才)である。

     石原とは裏腹に、綾瀬が主演を務めた『義母と娘のブルース』(TBS系)は絶好調。初回は11.5%と『高嶺の花』と変わらなかったが、その後は右肩上がりとなり、9月11日放送の第9話は17.3%(関東地区)と今クールドラマで最高をマークした。

    「2人のライバル関係は2004年頃から始まっています。綾瀬さんの出世作となったドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)は、もともと石原さんが主役を務める予定でしたが、他の仕事の都合上、白血病に冒されたヒロインとして坊主頭になることができず、出演を断念しました。自分の“代役”だった綾瀬さんが、あのドラマでブレークしたことに、内心悔しい思いはあったでしょう。

     石原さんとしては、舞台経験も重ねて、“演技力でも私が上”という自負もありますが、綾瀬さんは出演するドラマがことごとく当たるので、忸怩たる思いがあるのではないでしょうか」(芸能関係者)

     石原は『高嶺の花』が始まる前は、「ラブストーリーはこの作品で最後にしようと思っていた」とスピーチで語っていた。しかし、この低視聴率を受けて、「もうちょっと(ラブストーリーを)続けてみようと思います」と前言撤回。この言葉に、それまで息をのんでいた出席者から、拍手が巻き起こったという。

     二次会では、この日に放送された最終回を参加者全員で視聴。ちなみに最終回の視聴率は11.4%と番組最高を記録した。石原の熱い女優魂が通じたのかもしれない。

    ※女性セブン2018年10月4日号

    2018.09.19 16:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20180919_764434.html?PAGE=1#container

    (出典 img2.news-postseven.com)


    ★1が立った日時:2018/09/19(水) 19:54:30.70

    前スレ
    【芸能】石原さとみ、ドラマ『高嶺の花』打ち上げで「悔しい」「全責任は私」と涙 ★2
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537369401/


    【【芸能】石原さとみ、『高嶺の花』視聴率振るわず、打ち上げで涙】の続きを読む



    (出典 img.dmenumedia.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/09/12(水) 06:14:23.55 ID:CAP_USER9.net

     こうの史代さんの名作マンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)で、主人公・北條すず役の松本穂香さんと北條周作役の松坂桃李さんがこのほど、クランクアップした。2人は5月にクランクインし約4カ月間の撮影を乗り越え、最後のあいさつをした。

     すず役をオーディションで射止め、初めて経験することが多かったという松本さんは、撮影について「不安だったし、大変だったこともあったけれど……」と言葉を詰まらせ、「出演者、スタッフみなさん一人一人が本当に大好きです。このドラマでは(すずが)みんなに支えられて生きていると思いましたが、私もみんなに支えられて生きているなと感じました。本当に、ありがとうしかないです。本当にありがとうございました!」と、涙を流しながら感謝の言葉を述べた。

     一方の松坂さんは「クランクインしてからこの4カ月、濃い時間を過ごすことができました。撮影中も笑いの絶えない現場で、スタッフのみなさんの愛を感じました。個人的なことですが、この作品が20代最後のドラマになるので、それがこの作品でよかったなと心から思います。参加できてよかったです。本当にありがとうございました」とあいさつした。

     「この世界の片隅に」は、マンガ誌「漫画アクション」(双葉社)で連載され、2009年に「文化庁メディア芸術祭」のマンガ部門優秀賞を受賞した。戦時中、呉に嫁いだ18歳のすずの生活が、戦争激化で崩れていく様子が描かれた。

     最終話(16日放送)は、終戦を迎え、空襲におびえることがなくなったが戦時中以上の物不足に悩まされる日々が続く中、北條家では円太郎(田口トモロヲさ)の再就職が決まり、径子(尾野真千子さん)も働きに出るようになった。しかし、終戦直後に海兵団に召集された周作はまだ帰ってこない。すずは夫の無事を願って前向きに日々を過ごそうとする。秋のある日、実家の様子が分からず気をもんでいたすずは、意を決して広島に向かう……というストーリー。


    2018年09月12日
    https://mantan-web.jp/article/20180911dog00m200051000c.html

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【芸能】松坂桃李、ドラマ『この世界の片隅に』クランクアップ!「スタッフのみなさんの愛を感じました」】の続きを読む



    (出典 eigaland.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/07(金) 21:54:55.98 ID:CAP_USER9.net

    松浦だるまの同名コミックを実写映画化した『累-かさね-』の初日舞台挨拶が9月7日にTOHOシネマズ日比谷で開催され、
    土屋太鳳、芳根京子、浅野忠信、佐藤祐市監督が登壇。
    土屋が共に難役に挑んだ芳根との別れに「さみしい」と瞳を潤ませ、降壇時には2人で熱く抱擁。会場から大きな拍手を浴びた。

    本作は、“醜い”累と、“美しい”ニナが、キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれ、
    欲望をむき出しにしてぶつかり合う姿を描くミステリアスな物語。土屋と芳根が、累とニナを1人2役=2人1役で演じた。

    キスが入れ替わりの手段となることから、土屋は「きょんちゃん(芳根)とかなりのキスをさせていただいて。うれしかった」とニッコリ。
    芳根も「させていただきました」と笑顔を浮かべ、「何回も何回も。テストから実際にキスをして、100回くらいですかね。
    太鳳ちゃんとのキスはもう、挨拶です」と土屋と顔を見合わせ、声を弾ませていた。

    女の劣等感や嫉妬心が渦巻くドロドロバトルに身を投じたが、“2人で2つの役を演じる”という難役に挑んだ土屋と芳根の絆は深く、
    土屋は「きょんちゃんが相談などを受け入れたりしてくれなければ、乗り越えられなかった。本当に感謝しています」としみじみ。
    「きょんちゃんといかにコミュニケーションを取るか。愛情がすごく大事だった」と芳根を見つめ、手を取り合う。

    芳根も「太鳳ちゃんと手を取り合ってやってきたからこそ、いまここに立てている」と心を込め、本作を通して「自信をもらった」と大きな転機にもなったことを告白。
    「朝ドラが終わった時に、演出の方に『もうちょっと自信を持ったほうがいいよ』と言われて。
    自信ってどうやったら手に入れられるんだろうと悩んだ時期もあったんですが、『累』を通して、自分のなかで見つけることができなかった感情をたくさん引き出してもらった。
    少し自信をもらうことができた」と充実感たっぷりの表情を見せていた。

    最後の挨拶になると、完成披露イベントでは涙を流してしまった芳根は「今日は泣かないんです!」と自分を励ましつつ、「うれしい気持ちでいっぱいです」とコメント。
    土屋は「この挨拶を終えてしまうと、全部が終わってしまう。とてもさみしいです」と瞳を潤ませたが、芳根がギュッと土屋の手を握りパワー注入。
    ステージを降りる際には熱い抱擁を交わし、2人そろって「ありがとうございました!」と会場の隅々まで届くような大きな声で挨拶。
    観客からは惜しみない拍手が送られていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00161323-mvwalk-movi
    9/7(金) 19:55配信


    (出典 eigaland.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    (出典 i0.wp.com)


    【【芸能】土屋太鳳&芳根京子『累-かさね-』舞台挨拶に登壇 「テストから実際にキスをして、100回くらいですかね。」】の続きを読む



    (出典 storage.mantan-web.jp)



    1 ひかり ★ :2018/09/08(土) 13:51:54.80 ID:CAP_USER9.net

    映画『泣き虫しょったんの奇跡』の公開記念舞台挨拶が8日都内で行われ、主演の松田龍平、共演の永山絢斗、渋川清彦、新井浩文、松たか子、
    窪塚愛流、原作者の瀬川晶司五段、そして豊田利晃監督が参加した。

     俳優・窪塚洋介と元妻との間に生まれた14歳の息子・愛流は「映画を観に来ていただいてありがとうございます」と人生初の舞台挨拶に
    緊張気味で挨拶。オーディションで役を掴んでの俳優デビューで「生まれて初めての映画の撮影で上手く演技できるか不安だったけれど、
    自分なりに精一杯やろうと思った」と初々しい感想も、手応えを聞かれると「自分って凄いんだなと思った」と自画自賛だった。

     豊田監督はそんな愛流について「初めてだけど、ちゃんと堂々としていて、どんどん映画に慣れていった」と素質を認める一方で「撮影が中断して1か月くらい会わないときがあって、撮影で久々に会ったら身長が伸びていた。画が繋がるのかな?と不安になった」と成長期あるあるで笑わせた。

     その横で渋川が役にちなんで言い放った「ありがとマンモス」を引き継ぐ形で、松田はほぼ感情を入れずに
    「感極まっています。ありがとマンモス…マンモスって何ですか?ギャグなのかなと思って。そんな気持ちです」と
    公開を迎えた現在の心境を説明。それに新井は「龍平の挨拶をみてホッとしたはず。20年やってこれかと」と
    緊張気味の愛流を気遣うと、愛流は「大丈夫です」と照れていた。

     将棋界に奇跡をもたらした異色の棋士、瀬川晶司五段の自伝的小説を実写映画化。瀬川晶司五段を演じた松田にはこの日、
    将棋の初段免状が贈呈された。松田龍平“初段”となった松田は「将棋弱いのに…」と苦笑いも「松田初段です。
    僕に挑戦したい方がいれば、ドシドシ受けて立つので」と饒舌だった。

    AbemaTIME
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00010017-abema-ent

    (出典 cdn.amebaowndme.com)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 cdn.amebaowndme.com)


    【【芸能】窪塚洋介の息子・愛流、俳優デビューの映画『泣き虫しょったんの奇跡』舞台挨拶で初々しい姿を披露】の続きを読む



    (出典 www.nikkansports.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/08(土) 14:23:04.58 ID:CAP_USER9.net

    俳優・佐藤健(29)の「佐藤健 2019年カレンダー」と「『佐藤健in半分、青い。』フォトブック」の発売を記念した「佐藤健写真展2019」が8日、東京・渋谷のhmv museumで開幕した。

    写真展にはカレンダーに収まらなかったカットを含めて約40点が展示され、超特大パネルなども設置された。

    NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で永野芽郁(18)演じるヒロイン鈴愛の幼なじみ律を演じる佐藤は「(フォトブックは)律の人生をフォトブックにするような写真を撮り下ろして、あとは現場のオフショット。
    カレンダーは『青』がテーマ」と説明。「自分の顔を見ても何とも思わないけど、写真展を開いていただくことはありがたい」と感謝した。

    10カ月間、撮影した朝ドラについては「『仮面ライダー(電王)』の1年間以来、久々の長期撮影だった。長ければ長いほど、思い入れは強くなる。
    共演者、スタッフとの別れも寂しいけど、一番寂しいのは(演じた)『律』との別れ」と心情を告白。

    「違和感しかなかった」という学生服にもチャレンジし、「『まだいける』という人が1人でもいるなら着たいなって」と打ち明けた。
    永野と同級生という役には「彼女が過去に(佐藤より6歳上の)鈴木亮平と同級生をやっているんで、それならいいかと思った」と笑わせた。

    また、最終回について「撮りはしたけど、できあがったものは見てない。
    見てきて良かったという結末になっていると思うんで、見て欲しい」とアピールしていた。
    佐藤健写真展は「半分、青い。」写真展が併設され、名古屋、仙台、大阪、福岡でも開催される。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15276359/
    2018年9月8日 13時2分 デイリースポーツ


    【【芸能】佐藤健、『半分、青い。』最終回の撮影を終え、「一番寂しいのは(演じた)『律』との別れ」】の続きを読む

    このページのトップヘ