今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ: エンタメ



    (出典 psgamenews.net)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/04/09(火) 14:12:38.02 ID:PWi1QbWr9.net

    2019.04.07 17:31
    https://myjitsu.jp/archives/80228

    (出典 Youtube)


    4月4日、フル3DCGアニメーション映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』のボイスキャストが公開され、それに伴い予告映像も解禁された。

    ところが、この国民的RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの新たな挑戦に胸を躍らせていたファンを、大きく落胆させてしまったようだ。
    「1つ目の理由は、キャストがほとんど芸能人であること。本業の声優を使わず、客寄せパンダの有名芸能人を並べまくったことに批判が続出しています。しかし、こんなことはまだ序の口でした…」(ゲーム雑誌編集者)

    ファンを驚かせたのは、アニメのキャラクターデザインだ。「ドラクエ」といえば、『ドラゴンボール』で知られる鳥山明氏がすべてを担当しているのは万人の知るところ。にもかかわらず、何とこの映画のキャラは鳥山氏のタッチとはまるで違う。

    これにはファンから、
    《バカなの? 鳥山の絵があってのドラクエなのにふざけんなよ!》
    《鳥山絵に寄せないドラクエって存在してる意味あるん?》
    《もはやこれはドラクエじゃない。期待してたけど、絶対に見にいかないわ》
    《ファンを馬鹿にすんなよマジで。これでドラクエを名乗るな》
    などと批判が続出。シリーズのファンで知られるタレントの中川翔子も、ツイッターで《ドラクエ5映画鳥山さんタッチじゃない顔なのか!》と驚きを見せている。

    ◇ 海外展開に向けてキャラデザ変更

    「『ドラクエ』は、〝ゲームデザイン&シナリオ〟の堀井雄二氏、〝音楽〟のすぎやまこういち氏、そして〝キャラデザ〟の鳥山明氏という3本柱で成り立っていました。しかし、映画の予告映像には、堀井氏とすぎやま氏の名前のみ登場。ファンが怒るのは当然ですね」(前出の編集者)

    今回、鳥山氏を切ったのには、ある狙いがあるという。
    「『ドラクエ』は国内だけで大ヒットし、海外ではウケていません。その理由の1つに、鳥山氏のデザインによるかわいらしいモンスターと、重厚なストーリーがミスマッチだという指摘があるのです。
    そこで映画スタッフは、海外でも超有名な鳥山氏を、あえて切る選択をしたのかと。しかしこれは、国内での興行をある程度捨てたも同然。もし海外での展開にコケれば、とんだ笑いものでしょうね」(エンタメ誌記者)

    これまでは国内の売上だけで十分にやってこれた『ドラクエ』。欲を出した海外展開がどうなるのか、注目していきたい。

    参考

    (出典 kai-you.net)


    (出典 kai-you.net)

    ★1: 2019/04/08(月) 12:28:53.86

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1554712862/


    【【映画】鳥山明氏のキャラデザではない「ドラクエ映画」は果たしてヒットするのか?ファン憤慨「これでドラクエを名乗るな」】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 Egg ★ :2019/04/09(火) 05:52:46.54 ID:Q5N1mejm9.net


    (出典 news.careerconnection.jp)


    インターネットリサーチを手がけるNEXERは4月5日、ピエール瀧容疑者が麻薬取締法違反で逮捕されたこと受け3月に実施した「芸能人の不祥事に関するアンケート」の結果を発表した。同社が提供するアンケートサイト「ボイスノート」登録会員985人から回答を得た。

    ピエール容疑者は、ミュージシャンとしてだけでなく俳優としても活躍し、多くの出演作品がある。逮捕を受け、販売・配信を自粛した作品がある一方、「作品自体に罪はない」という考えで公開を決めた映画もあり、大きな議論になっている。

    調査では「芸能人が不祥事を起こした際、関連する作品の取り扱いを『停止』する対応について、どう思うか」を聞いた。54.1%が「停止すべきでない」と回答し、「停止すべき」(45.9%)を上回った。

    「社会に悪影響を及ぼした人の作品は世に出るべきではない」との厳しい声も
    年代別で比較すると、60代、70代以上では「停止すべき」が半数を超え、50代以下では「停止すべきでない」が全ての年代で「停止すべき」を上回った。「停止すべきでない」が最も多かったのは40代で61.7%。「停止すべき」は60代の55.1%が最多だった。

    「停止すべきだと思う」と回答した人からは、

    「犯罪者は公の場に出るべきではないから」(51歳・男性)
    「イメージが悪く、関わった作品が評価されるべきでない」(67歳・男性)
    「社会に多大なる悪影響を及ぼした人の作品は世に出るべきではないと思うから」(36歳・女性)
    「これからの抑止になる部分もあると思うから」(46歳・女性)
    「会社員の場合は解雇されるので、それと同じです」(53歳・男性)

    といった厳しい意見が挙がった。

    一方、「停止すべきではないと思う」と回答した人からは、

    「その作品には罪はなく、作品を見たいという声があるならば公開すべきであると思う」(44歳・男性)
    「共演者、協作者に迷惑がかかる。共演者、協作者には責任がない」(69歳・男性)
    「プライベートと仕事は別だと思う」(58歳・女性)
    「作品を見るかどうかは消費者判断で良いと思う」(53歳・男性)
    「多くの真面目人間も参加しているのに集団責任みたいなことしていたら、作品が何も無くなってしまう」(62歳・男性)

    といったコメントが挙がった。「ビートルズ、ローリングストーンズ、勝新太郎……彼らはどのように扱われたか。今、どう扱われているか」と、海外や過去の例を引き合いに出す人や、

    「先進国でこのように、作品や活動、本人出演の番組などを葬るのは日本くらいではないか?」

    と主張する意見が寄せられた。

    2019.4.8
    https://news.careerconnection.jp/?p=69880


    【【芸能】芸能人の不祥事があった場合の「関連作品」をどう扱うべきか?【アンケート結果】】の続きを読む



    (出典 dramanavi.net)



    1 しじみ ★ :2019/04/09(火) 20:26:42.21 ID:Qel/hgku9.net

    [映画.com ニュース] 
    大人気シリーズ「ウォーキング・デッド」の世界を舞台にした新シリーズが制作されることが、このほど明らかになった。「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」に続く3つ目の関連作品となり、2020年にアメリカでの放送を目指す。

    米バラエティによれば、タイトル未定の新シリーズは、ふたりの少女を主人公に、終末期を迎えた世界で育つ最初の世代に焦点を当てた物語を描く。放送する米ケーブル局のAMCがかねて公言してきたように、「ウォーキング・デッド」ユニバースを作り上げていく一環となるようだ。

    この計画について、AMCの広告販売部門長のスコット・コリンズ氏は、「これにより、視聴者の皆さんにスーパーボウル(2月)からサンクスギビング(11月)まで、絶え間なく『ウォーキング・デッド』ユニバースのコンテンツをご提供できるようになります」と話している。

    新シリーズは10話構成で、「ウォーキング・デッド」の脚本を担当するマシュー・ネグレテがショーランナーを務め、「ウォーキング・デッド」ユニバースのチーフ・コンテンツ・オフィサーであるスコット・ギンプルと共同で制作にあたる。


    (出典 eiga.k-img.com)


    https://eiga.com/l/Hix6C


    【【海外ドラマ】「ウォーキング・デッド」新シリーズ制作決定!】の続きを読む



    (出典 www.cinra.net)



    1 ひかり ★ :2019/04/09(火) 10:08:48.08 ID:N7yKoFiw9.net

     俳優の窪田正孝(30)が主演を務めるフジテレビの月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」(月曜後9・00)が8日、
    30分拡大でスタートし、平均視聴率12・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の好発進となったことが9日、分かった。

     昨年7月期「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(10・6%)、同10月期「SUITS/スーツ」(14・2%)、今年1月期「トレース~科捜研の男~」
    (12・3%)に続いての好スタート。4期連続の2桁発進は、15年10月期「5→9~私に恋したお坊さん~」、
    16年1月期「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」、同4月期「ラヴソング」、同7月期「好きな人がいること」以来。

     「グランドジャンプ」(集英社)で連載中の同名コミックが原作。窪田演じる放射線技師、五十嵐唯織(いがらし・いおり)が、患者の“視えない病”を
    診つけ出し、命を次々と救っていく物語。同僚に、本田翼(26)や広瀬アリス(24)ら若手陣が名を連ね、遠藤憲一(57)、山口紗弥加(39)、
    浜野謙太(37)らバイプレーヤーら脇を固める。

     初回は、「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師、五十嵐唯織(窪田)は初出勤の日、バスで勤務先の甘春総合病院へ。その途中、
    バス運転手・天野(春海四方)のわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう乗客に呼びかける。唯織は、駆けつけた救急隊員に、血管造影ができる
    病院へ搬送するよう指示するが、搬送先の天野は自力で立てるほど元気で…という展開だった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190409-00000092-spnannex-ent


    【【ドラマ】窪田正孝主演「ラジエーションハウス」高視聴率スタート!】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/04/08(月) 18:44:22.39 ID:6cAKA0md9.net

    広瀬すずがヒロインを演じる第100作目のNHK連続テレビ小説『なつぞら』が、新元号が発表された4月1日からスタートし、早くもさまざまな話題を呼んでいる。

    撮影は昨年の6月に過酷な北海道ロケからスタートしたが、その段階で話題になったのが、なつ(広瀬)の育ての親を演じる松嶋菜々子のスパルタ教育だった。

    「松嶋が初顔合わせのときに広瀬に『ちゃんと台本読んできてね……』と辛口なアドバイスをしたことが話題になりました。

    でも、それがかえって広瀬の心を開かせることになったのか、すっかり松嶋になついて、現場でも“ママ”と呼んだりしています。朝ドラの撮影は月曜から金曜まで続きますから、休みは土曜と日曜のみ。

    でも広瀬は土日は別の仕事をこなしていますから、ほとんど休みなしの状態です。それでも、いつも元気な笑顔でスタッフに挨拶しています」(テレビ関係者)

    第1週完成試写会に出席した松嶋も、

    「安定感が半端じゃないです。私はせりふを覚えることに精いっぱいでしたが、すずちゃんはせりふ覚えも良くて頼もしい。
    アドバイスすることもない。天性の女優さん。演技をする上でとても頼りがいがあります」と絶賛していた。

    物語は戦争で両親を失った主人公・なつ(広瀬)が北海道・十勝の酪農一家に引き取られるところから始まり、その後、アニメーターを志し上京、
    草創期のアニメ業界に飛び込み、やがて妻となり、母となっていく姿を描いていく。のちにヒロインがアニメーターを志すというドラマらしく、初回からアニメを連想させる仕掛けがちりばめられていた。

    「オープニングのスピッツの曲『優しいあの子』に乗せて、いろんなシーンがアニメーションで描かれていますが、それらがSNSでも、名作アニメを連想させると話題になりました」(テレビ誌ライター)

    たとえば丘の上で写生する女性は「ジブリの『風立ちぬ』?」、
    「空襲におかっぱの女の子が『火垂るの墓』の節子みたい」「草原を駆け回るシーンが『アルプスの少女ハイジ』ぽい」など、朝ドラファンのみならず、アニメファンを沸かせた。

    100作目の記念すべき作品とあって、「歴代朝ドラヒロインOG」も多数出演する。

    北海道・十勝編には『ひまわり』の松嶋菜々子を始め、『ふたりっこ』の岩崎ひろみ、『おしん』の小林綾子、朝ドラ第1作『娘と私』でヒロインを演じた北林早苗もサプライズ出演。

    東京・新宿編からは『純ちゃんの応援歌』の山口智子、『どんど晴れ』の比嘉愛未、アニメーション編からは『ちりとてちん』の貫地谷しほりらが登場する。

    こうしたレジェンド女優に加え、広瀬の支えになっているのがナレーションを担当する内村光良だという。内村の語りもSNSでは「なつへの呼びかけがやさしい」「ウッチャンの声に癒やされる」と好評だ。

    「広瀬と内村は昨年の紅白歌合戦の司会を務めましたが、彼がナレーションを務めることが発表されたのも紅白でした。
    あの大舞台で広瀬は内村から、さまざまなサポートを受け、その後もいろいろなことを相談するようになったといいます」(スポーツ紙記者)

    過酷と言われる朝ドラの現場で、いつも笑顔を見せている広瀬にとって、松嶋とウッチャンの存在はなによりも心強いに違いない。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16285538/
    2019年4月8日 17時40分 週刊女性PRIME


    【【ドラマ】松嶋菜々子、「なつぞら」共演者の広瀬すずに「安定感が半端じゃないです」】の続きを読む

    このページのトップヘ