今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    カテゴリ:エンタメ > 映画



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/18(月) 05:44:27.20 ID:E6Ggii8Q9.net

    女優、広瀬アリス(24)が17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたアニメ「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の大ヒット御礼舞台あいさつに出席した。

    1日の公開から16日間で観客動員150万人、興行収入18億円を突破。
    ルナ役でゲスト出演したアリスは「台本を読んで泣き、完成した映像を見て同じところで泣いた」と作品を振り返った。

    ともに登壇したスネ夫が「そばにいたら涙を拭いてあげたのに」と優しく語りかけると、
    お笑いコンビ、サバンナの高橋茂雄(43)が「すずちゃんを…アリスちゃんをドキっとさせないでください!!」と失言。
    妹で女優、広瀬すず(20)と言い間違えられたアリスは「すずって言ったことの方がドキっとしました」と苦笑した

    http://news.livedoor.com/article/detail/16175588/
    2019年3月18日 5時4分 サンケイスポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【映画】広瀬アリス、「ドラえもん」のスネ夫に口説かれる】の続きを読む



    (出典 originalnews.nico)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/16(土) 14:37:31.03 ID:QnZgYPIR9.net

    2019.03.16
    https://tocana.jp/2019/03/post_88497_entry.html

    (出典 tocana.jp)


      アウトレイジ俳優が狙われている。北野武監督の人気映画「アウトレイジ」シリーズに出演していた新井浩文被告と、ピエール瀧容疑者が相次いで逮捕された。前者は派遣型マッサージ店の女性従業員に対する強制性交罪、後者はコカインを使用した麻薬取締法違反容疑だ。
    過去には同じくアウトレイジ俳優の森永健司も逮捕されており、ネット上では「リアルアウトレイジじゃないか」と揶揄されているが、これは決して偶然ではない。

    「年明けからマトリ(関東信越厚生局麻薬取締部)と、薬物事犯を扱う警視庁組織犯罪対策5課が『アウトレイジ俳優を狙っている』という情報が流れていました。新井被告も結果的に強制性交罪で挙げられましたが、違法薬物でもマークされていたそうです」(社会部記者)
    この話は14日の「夕刊フジ」でも伝えられているが、当局の本命は新井被告や瀧容疑者ではない。薬物事件を扱うフリーライターによれば「本命はベテラン俳優のX。以前からシャブ疑惑が再三ウワサされていましたからね。本人は逃げ切ったと思っているでしょうが、捜査は続いています」という。

     さらに「アウトレイジ」には出演していないものの、その周辺者とみなされているのがコワモテ俳優Yだ。これまで薬物絡みのウワサは一切出ていない。
    「Yは覚醒剤。この1年、仕事でストレスを抱えたのが原因かと。すでに当局の行動確認は終わっており、いつ挙げられてもおかしくない状況といいます」(事情通)。
    もう少しヒントを出せば、Yは数年前のNHK大河ドラマにも出演している。

     このほか、「アウトレイジ」シリーズでは「ともに中堅俳優の2人が違法薬物と、暴力行為でマークされている。うち1人は新井被告と同じ在日出身者」(同)とのこと。次はどこから火の手が上がるか――。

    文=多田まこと
    ★1: 2019/03/16(土) 08:16:34.80

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552691794/


    【【芸能】まだ終わりじゃない!?マトリがマークしている『アウトレイジ』出演俳優】の続きを読む



    (出典 109cinemas.net)



    1 風吹けば名無し :2019/03/14(木) 23:41:05.93 ID:2ECch1Al0.net

    「ボヘミアン・ラプソディ」の製作陣が続編を画策中

    全世界興収8億7000万ドルという大ヒットを記録した「ボヘミアン・ラプソディ」の続編が作られることになるかもしれない。

    伝説のロックバンド、クイーンとそのメンバーのミュージックビデオを30本以上手がけたことで知られるルディ・ドレザル監督が、現在「ボヘミアン・ラプソディ2(仮題)」の話し合いをしていると、米Page Sixに明かした。

    ドレザル監督によれば、クイーンのマネージャーを務め、「ボヘミアン・ラプソディ」のプロデューサーに名を連ねているジム・ビーチが、
    続編企画で主導的な役割を果たし、「彼はライブ・エイドからはじまる続編を計画しているはずだ」とコメント。また、クイーンのメンバーも続編に積極的だという。

    https://www.google.co.jp/amp/s/eiga.com/amp/news/20190313/6/


    【【映画】「ボヘミアン・ラプソディ」製作陣が続編を検討!?】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 Egg ★ :2019/03/15(金) 09:10:15.24 ID:GYe3xbHQ9.net

    映画は、鑑賞後に知人同士で「あーでもないこーでもない」と感想を言い合うのも醍醐味の一つだ。ただ、感想の中には、妙にイライラさせられるものもある。(文:石川祐介)

    3月10日のはてな匿名ダイアリーに「遅すぎる偉そうな映画批評が大嫌い」というエントリーが寄せられた。投稿者は、話題になった映画が後に地上波で放送された際、映画を批判する人達が嫌いだという。

    「『カメラを止めるな』観たけど大したことなかったな 『シンゴジラ』観たけど大したことなかったな 話題になりきって賞等でも評価されて テレビ放送された今更に しかも似たようなつまんなかった感想」
    「流行りもんにケチつけたい精神をお持ちなのに 金払うの嫌って心も財布も貧しいアホが もはや今更にしかも薄っぺらい、つまんなかった批評をするのはもっとキモい」

    と酷評していた。

    「赤の他人の感想が気になるのって、やっぱネット時代ならではの感覚なんだろうね」

    コメント欄には、

    「わかる。すべてのものに鮮度ってあるからなあ」
    「すごくわかる。わざわざ文句つけにいくならそれなりの切実さを期待したいのだけど、雑に切って捨てる爽快感に酔ってリアルタイムで追うほどの情熱もないのにいっちょ噛みみたいな感想だと、本当にうんざりする」

    と共感を示す人もいれば、

    「鮮度の高い批評しか認めないとか随分傲慢だなあ。別に時期が過ぎても何か言う自由はあるだろうに」
    「たまたま当時見る機会が無くたまたま大したことないと感じただけでこの言われよう」

    と、反論する人もいた。

    映画が地上波で放送された後、「これを映画館で見た人は金を無駄にしたな」的な意見は散見される。しかし、「テレビ放映で映画を見る行為って、ジェットコースターをVRで体験するくらい別物だと思う」という声があるように、映画館で見るのと家のテレビで見るのとでは全く印象が違う。少なくとも映画に関しては、お金を払っていない人が払った人をバカにするのはズレているように思う。

    投稿者の主旨とはやや逸れるが、「こういう話を聞くたびに何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ!って言いたくなる」と、否定的な感想を言うこと自体に疑問を持つ人もいた。

    この意見はごもっとだが、今は共感が重視される時代。作品に対して「つまらない」と思った時、SNSやネットで気持ちを吐き出し、共感を求めようとする人は多い。たとえその環状がネガティブなものであっても、吐露する人は減らないだろう。

    「赤の他人の感想が気になるのって、やっぱネット時代ならではの感覚なんだろうね」

    映画にしろ飲食店にしろ、お金を払う前にネットのレビューを確認するのは今や常識だ。ただ、そのレビューがノイズとなってしまい、自分の感覚で楽しめなくなり、本当に楽しいものさえ「楽しい」と思えなくなる恐れがある。人生を楽しむためには、ネット上の声と適度に距離を取る必要があるのではないだろうか。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16156819/

    1 Egg ★ 2019/03/14(木) 19:06:30.36
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552575545/


    【【映画】地上波放送で「『カメラを止めるな』『シンゴジラ』観たけど大したことなかった」と出遅れ批判する人は大嫌い!という意見に賛否】の続きを読む



    (出典 111.64.92.49)



    1 muffin ★ :2019/03/01(金) 13:04:54.21 ID:z+CdXwYU9.net

    https://natalie.mu/eiga/news/322074
    2019年3月1日 12:15

    山崎賢人が主演を務める「キングダム」のキャラ別ポスターが解禁され、場面写真19点がWeb公開された。

    原泰久による同名マンガを「BLEACH」の佐藤信介が実写化する本作は、紀元前の中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指すのちの秦の始皇帝・えい政の姿を描く歴史エンタテインメント。山崎が信に扮し、吉沢亮が若き王・えい政と、信の幼なじみでえい政の影武者となった漂の2役を演じた。

    ポスターには信とえい政のほか、長澤まさみ演じる楊端和、橋本環奈が扮した河了貂、本郷奏多演じる成きょう、大沢たかお扮する王騎の姿が写し出された。場面写真では頬に血をにじませながら不敵な笑みを浮かべる信らを確認できる。なお、本日3月1日に前売り券が発売された。販売劇場は本作の公式サイトで確認を。

    「キングダム」は4月19日より全国で公開される。


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    (出典 cdnx.natalie.mu)

    その他画像はソースでご覧ください


    【【映画】『キングダム』山崎賢人、吉沢亮らのキャラ別ポスター公開】の続きを読む

    このページのトップヘ