今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    2018年12月



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/30(日) 11:27:43.00 ID:CAP_USER9.net

    テレビ出演こそ少なかったものの、2018年は工藤静香の活躍がスゴかった。
    ネット上ではほぼ毎日、工藤の話題で持ち切り。夫の木村拓哉関連、娘のK?ki,(コウキ)関連の話題もあったが、中でも世間の注目を集めたのは工藤の手料理だ。

    そこで、18年、工藤の手料理ベスト3を発表していこう。

    第3位は、11月12日に投稿した「ベーコンポテト」。
    一般的なものとは違い、じゃがいもをかなり細くスライスしていたため、《もやしですか?》《ゆでたてのもやしに見えた》《シュレッダーの中身かと思った》などといったツッコミが続出することに。


    (出典 image.dailynewsonline.jp)

    一方で工藤本人は、「おつまみやおやつにもなります! 味付けはベーコンの塩の加減を見ながら塩とコショウのみ! 水にさらすのでベタつかないポテトができます! 
    炒めて透明になったら出来上がり 油はベーコンの油のみで!」と自信満々にレシピを紹介していた。


    「素材殺し」の工藤!
    第2位は、10月30日に投稿した「リンゴゼリー」。リンゴをミキサーに入れて細かく砕いたものを、ゼラチンなどと混ぜてほどよく固まらせ、カットイチゴを上に添えた一品だ。


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    こちらの料理に関しても、工藤は自信満々でレシピを紹介し、「本当においしいです。いくら食べても罪悪感なし!」と太鼓判を押している。

    しかしネット上では、《頑張って作ってるのは伝わるけど見た目がね》《まるで吐しゃ物のような仕上がり…》《素材殺し》と散々な言われようだった。

    第1位は、10月18日に投稿した「フルーツゼリー」。ゼリーの上に、マスカット、リンゴ、みかん、ブルーベリーなどを乗せただけのようだが、ゼリーが“黒色”だったためツッコミ続出。


    (出典 image.dailynewsonline.jp)

    《色合いが食欲を減退させる》《魔女のお菓子?》《毒々しい》《呪いがかかってそう笑》などといった声が上がってしまった。

    毎度面白い料理でネットを盛り上げてくれる工藤。2019年も目が離せない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1631709/
    2018.12.30 10:55 まいじつ


    (出典 Youtube)

    工藤静香 = MUGO・ん…色っぽい =


    (出典 Youtube)

    工藤静香 =恋一夜=


    (出典 Youtube)

    FU- JI -TSU 工藤静香


    【【芸能】工藤静香、見た目がヤバイと話題になった料理ベスト3】の続きを読む



    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)



    1 きゅう ★ :2018/12/30(日) 22:26:35.08 ID:CAP_USER9.net

     2018年は数々のドラマがヒットした。視聴率という面から見ると、松本潤主演の『99.9 -刑事専門弁護士-SEASON II』(TBS系)は全話平均17.6%、綾瀬はるか主演の『義母と娘のブルース』(TBS系)は14.2%、米倉涼子主演の『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(TBS系)は15.6%と大成功を収めた。

     しかし、ドラマの良さは視聴率だけでは測れない。視聴率こそ低かったものの、高い“満足度”で、上記の作品以上に視聴者を魅了した作品もある。

     芳根京子主演の月9ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)はその典型的な例だ。視聴率こそ全話平均6.1%と振るわなかったが、視聴者からは絶賛の声ばかり上がることに。

     「オタク女子たちが、イケてる女装男子と共に奮闘する物語で、キャストは主演に芳根、お相手に瀬戸康史といった若手をチョイス。大物俳優やジャニーズに頼らない堅実なキャストが功を奏し、ほぼすべての起用が“ハマリ役”と称賛されました。SNSで大盛り上がりするなど若者受けはよかったが、年配受けが悪かったことが視聴率に結び付かなかったのでしょう」(テレビ誌記者)

     ディーン・フジオカ主演の『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)は、全話平均6.2%と大苦戦。しかし、視聴者からの評価はすこぶる高かった。

     「1840年代にフランスで出版された有名小説を、現代風にアレンジした同ドラマ。手に汗握る復讐劇と、ディーンの気品あふれる演技で、視聴者を虜にしました。実際、ネット掲示板では、同ドラマの実況スレッドが凄まじい勢いで加速。視聴率が悪かったのは、“最初の1話”が絶妙につまらなかったこと。スタートダッシュでつまずくと、ストーリー性のあるドラマはその後も大苦戦しますからね」(同・記者)

     確かに視聴者からは、「私の中ではココ最近のドラマの中で一番ヒット作!」「圧倒的に18年最高のドラマでした」「これが視聴率低かったことがほんとに悔しい」と称賛の声がばかりだ。

     上記の2作が、今後“隠れた名作”になってしまうのはあまりにももったいない。

    https://wjn.jp/article/detail/4309920/
    芳根京子

    (出典 wjn.jp)


    【【ドラマ】2018年視聴率が振るわなかった名作ドラマは?】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 Egg ★ :2018/12/30(日) 18:17:44.97 ID:CAP_USER9.net

    滝沢秀明(36)や嵐、関ジャニ∞らが、デビュー前だったジャニーズJr.時代の1998?99年にメインを務めたテレビ朝日のバラエティー番組「8時だJ」が29日、
    約20年ぶりに復活した。番組では「言えなかった本音を20年後に伝える」企画を実施。関ジャニ∞の村上信五(36)が滝沢に対して「ずっと嫉妬(しっと)していて、変な態度で接していて申し訳なかった」と頭を下げた。

    2人は1982年生まれで同い年だが、滝沢は一気にスターダムを駆け上り、ジュニアで絶対的な存在だった。対する村上は関西から上京し、何とか爪あとを残そうともがいていた。
    村上は「東京のジュニアには嫉妬の気持ちしかなかった。バラエティーでもタッキー、ドラマでもタッキー、なんでタッキーばっかなのって。

    “1回チャンスくれたってええやん”って嫉妬、恨み、妬み、そねみが積もり積もって、めっちゃ嫌いやった」と打ち明けた。

    当時、嫉妬する気持ちが収録にも出てしまい、あるVTRを見た後に滝沢からコメントを求められたが「えっ?どうって何が?」とふてくされた態度を取ってしまったという。

    当時を振り返った村上は、滝沢と面と向かい「(怒りが)勝手にたまっていた。だけど、関西ジュニアがたくさん出てきてから、ジュニアを背負っていた(滝沢の)苦労が分かった。
    タッキーはじめ、東京の皆様に変な態度で接してしまったことを謝りたいと思います。20年間大変申し訳ありませんでした」と謝罪した。

    滝沢は「(村上の気持ちは)僕も分かってましたし。本当に仲が悪かった。その後、2人で世界一周する企画があって、その時に2人で向かい合って仲良くなった」と振り返った。

    スタジオで神妙に謝った村上だが、同じ関ジャニ∞の錦戸亮(34)は「いや、滝沢くんはずっと上の人だし、競争する気持ちとかなかった」と告白。
    嵐の二宮和也(35)も滝沢は別格だったといい「村上ごときがタッキーに嫉妬しているのはおこがましいって。絶対的なリーダーだったんだから」と話してスタジオを沸かせた。

    2018年12月29日 22:46
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/29/kiji/20181229s00041000370000c.html

    【テレビ】<滝沢秀明>極貧少年時代明*「お金もないので鉛筆や消しゴムも買えなかったので学校で拾って使っていた」 ★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546086749/


    【【芸能】滝沢秀明に嫉妬していた関ジャニ∞村上に嵐の二宮「村上ごときがタッキーに嫉妬しているのはおこがましい」】の続きを読む



    (出典 hakase215.com)



    1 muffin ★ :2018/12/28(金) 11:37:35.79 ID:CAP_USER9.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812270000838.html
    2018年12月27日19時1分

    ナイツの土屋伸之(40)が、お笑いトリオ安田大サーカスのクロちゃん(42)が出演するTBS系「水曜日のダウンタウンSP」の一般公開企画が多数の来場者が集まったことで中止になった騒動について、企画の“裏の趣旨”を推測した。

    土屋と相方の塙宣之、タレントの清水ミチコは27日、ラジオ番組「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」に出演。「水曜日-」の話題に触れた。

    塙は企画の会場となった東京都練馬区の遊園地「としまえん」が自宅から遠くないため「ちょっと行こうかなって思いました」といい、来場者が殺到したことに「そういうことを思った人が本当にいっぱいいたってことでしょうね」と納得した。

    26日放送の「水曜日-」では、クロちゃんが出演する恋愛リアリティー企画「モンスターハウス」の一環で、クロちゃんをとしまえん内に設置したおりに入れて一般公開する罰企画を行うことになったが、来場者が殺到したことで混乱を招き、急きょ中止となった。

    会場周辺では渋滞が起こり、警察が出動する騒ぎに。また、一部の来場者がよじ登ったことで破損したと見られる会場の柵などを撮した画像もネット上に複数アップされている。

    土屋は一部来場者が“暴徒化”したことに「『(クロちゃんより)そっちの方がモンスターだったんだ』っていう、そういうことでしょうね。このご時世に対する」と、番組企画の趣旨を推察。清水は「なるほどね。コンプライアンスがうるさい世の中で、攻めてるよね」と感心した。


    【【芸能】ナイツ土屋、としまえんに詰めかけ暴徒化した視聴者に「そっちの方がモンスターだったんだ」】の続きを読む



    (出典 www.cosmic-alliance.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/31(月) 05:21:33.80 ID:CAP_USER9.net

    大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」(後7・15)のリハーサルが30日、東京・渋谷のNHKホールで行われた。
    スペシャルコラボで出演する椎名林檎(40)は宮本浩次(52)と和服姿で「獣ゆく細道」を熱唱。
    2人の共演は、昨年の紅白の舞台裏でエレファントカシマシとして出場していた宮本と「次の紅白は一緒に」と約束したことから実現したと明かした。

    紅組司会の広瀬すずから「共演していかがでしたか?」と聞かれた林檎は「うれしいです」とにっこり。
    続けて「すずちゃんに会えてうれしい。ワンフー(ファン)です!」と突然告白して、すずは照れ笑い。
    総合司会の内村光良は「来年はすずちゃんと歌ってるんじゃないかな」と次なるコラボを予想していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15813880/
    2018年12月31日 5時4分 サンケイスポーツ


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    (出典 portal.st-img.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)



    (出典 Youtube)

    椎名林檎 - ギブス


    【【芸能】広瀬すず、椎名林檎からの突然の告白に照れ笑い】の続きを読む

    このページのトップヘ