今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    2018年11月



    (出典 i.daily.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/27(火) 21:37:23.26 ID:CAP_USER9.net

    とんねるず・石橋貴明(56)が11月24日放送の『土曜プレミアム ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(フジテレビ系)に出演して、平均視聴率10.4%を記録し、健在ぶりを見せた。

    同番組は3月に終了した『とんねるずのみなさんのおかげでした』(同局)で2004年に
    「博士と助手~細かすぎて伝わらないモノマネ選手権~」として始まった人気コーナーをスペシャル番組として復活させたもの。
    マイナーなスポーツ選手や地味なシチュエーションなど、マニアックすぎて伝わりづらいと思われるモノマネを芸人たちが演じて好評を博していた。

    ところが、石橋の復活にも業界内からはその”老い”っぷりに驚きの声が上がっているという。

    「数ヶ月ぶりにプライムタイムに復帰した石橋ですが、別人のように声が出ていませんでした。くぐもったような、抜けの悪い声で滑舌も悪い。
    それゆえツッコミが通らない。
    発言が少ないようでしたが、いくつかの発言はスタッフサイドの判断でカットしたと思われます。
    最前線で30年間以上、声を張り続けた石橋ですが、半年のブランクがここまで老いさせたようです」(テレビ番組スタッフ)

    SNSや掲示板でも石橋の復帰を歓迎する声が多い一方、「石橋の声すげーことになってんなあ。病気か何かなのかしら。」
    「タカさんのおじいちゃん化がとまらない。見た目はまだ若いのに」
    「石橋っていつの間にあんな滑舌になったの? かすれた小さな声でモゴモゴ途切れ途切れ喋ってさー」などと不安視する声が多数見られた。

    たしかに放送を確認すると、石橋の声は別人か、ノドを潰しているかのように聞こえる。
    もともと石橋は滑舌が良い方ではなかったが、舌足らず気味にがなる声は通りが良かったはず。
    これは単なる老いなのか、それとも…。なにかしらの病気による弊害ではと心配するのは、ある女性週刊誌の記者だ。

    「じつは、石橋は16年の秋頃にも聞き取りづらいガラガラ声になり、声の通りが悪くなっています。
    この時は数ヶ月間に渡り、視聴者から「病気では?」との懸念が上がっていました。
    思い出されるのは、つんく♂(50)のケースです。彼は喉頭癌が見つかり、14年に声帯を摘出しましたが、その初期症状が現れた頃の状況に似ているんです」

    もし病気だとすれば、アーティストや芸人など声を使う仕事に多いとされる「声帯ポリープ」か、それとも「喉頭癌」のおそれもあるという。
    かつて90年代に「若さ」の象徴としてテレビ界の寵児となった石橋貴明にも、”老い”の影は確実に忍び寄ってきている

    http://dailynewsonline.jp/article/1587649/
    2018.11.27 18:10 デイリーニュースオンライン


    【【芸能】とんねるず石橋貴明、声が全然出ていない?病気かと心配する声も】の続きを読む



    (出典 amd.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/27(火) 21:29:24.62 ID:CAP_USER9.net

    マツコ・デラックスの発言が物議を醸している。

    11月19日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコは政府が掲げた氷河期世代への就労支援策に持論を展開した。

    番組では、厚生労働省が「バブル崩壊後の就職氷河期で希望する仕事に就けず、現在は働いていない人の就業や自立支援を行う」という『読売新聞』の記事を取り上げて解説。
    これに対し、マツコは「もちろん、そういう時期があって苦労した人がいっぱいいるのは分かるんだけど、1つ気になったのが、『希望の職に就けなかったから腐った』的なニュアンスじゃない?」とコメント。
    非就業者になった原因が、望まない就職にあったと捉えることへの違和感を語った。

    さらに「それを言うんだったら、就職氷河期の人じゃなくたって希望する仕事に就けないで、それでも頑張った人はいるわけじゃない? 
    だから、もうちょっと違う意味でサポートしてあげる方が、やる意義もあるし健全かなって私はちょっと思った」「“本人の望まない職場で”っていうのがちょっと引っかかるんだよね」と続ける。

    司会のふかわりょうから「時代によって売り手市場になったりするっていう、時代の不公平感っていうのはあるのでしょうか?」と問われると、
    「売り手市場のときでいろんな会社に楽に入れたとしても、結局入ってからどうなるかっていうのはその人の頑張り次第」と持論を語った。

    “向こう側”に行ったと批判の対象に…
    これに対して、ネット上では、

    《就職氷河期を全く分かってないな》
    《自分は何もしないくせに外野からいちいちうるさい》
    《就活したこともないマツコに何が分かるんだよ》
    《マツコはエントリーシート百枚書いたことあるわけ?》

    などと、マツコにとっては予想以上の反論の声が続出することに。

    「マツコは最近、好感度が急落中。先日も、木村拓哉の自宅でもてなされたことを明かし、『すっかり芸能界に染まったな…』と落胆の声が聞かれました。
    もはや“視聴者の怒りを代弁する”タイプのタレントではなくなったのかもしれません」(芸能記者)

    弱者ではなく、強者の側についたかのように見えてしまったマツコだが、本人に言わせれば「私のこと何も知らないアンタらに言われたくないわよ!」という感じだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1587822/
    2018.11.27 19:00 まいじつ


    【【芸能】マツコ、非就業者に関する記事を取り上げ個人の見解を述べるが視聴者の同感を得られず?】の続きを読む



    (出典 www.zakzak.co.jp)



    1 きゅう ★ :2018/11/28(水) 09:31:00.12 ID:CAP_USER9.net

     タレントの上沼恵美子が11月25日放送の『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)に出演し、竹野内豊と倉科カナの破局について言及した。

     この日の番組は「頭を悩ませる男たちSP」と題し、竹野内豊と倉科カナの破局報道について取り上げた。

     MCの上沼は「はっきり言うて飽きたんですよ。平たく言うとね。半同棲なんていうたら半分結婚みたいなもんですから、竹野内さんの方も倉科さんの方もどちらも倦怠期を迎えたんだと思います。天井高かったんちゃいますか」と、竹野内が出演している大和ハウスのCMにかけて笑いを取った。

     続けて、「好きだったところが気になって鼻につくようになってくるんです。一緒に住むと、きっとね。婚姻届を出す前でも一緒に住むということは…。ドアをドンっと閉めんのでも、全然、恋をしてるときは恋の魔術にかかってる時は何も思わないけど、それが気になって…。“もう少し静かに閉められない?”とか言い出すと、これ、レッドカードですね」と持論を展開した。

     ゲスト出演したタレントのアンミカは「別れてすぐに出会った人とポンと結婚するとき、ありますよね。女性はすごく多いです」とコメント。

     上沼は「倉科さん、結婚すると思うんですよ。すぐに」、「でも、うまくいかない。ハライセせみたいな。なんか。そういうヤケクソ結婚みたいななんか」「逃げた魚は大きかったぞと竹野内に言わしたいという女いやらしさはあると思う」と言いたい放題。

     また、アンミカも「ギャフンと言わせようとちょっと思っちゃいますね」と同調した。

     上沼は「思う。それが女ちゅうもんですよ。それが思わないちゅうんはウソ、ウソつきですよ」と言い放った。

     倉科がこの放送を見ていれば“ヤケクソ”を抑えることができるかもしれない。

    https://wjn.jp/article/detail/2594664/

    (出典 wjn.jp)


    【【芸能】上沼恵美子、倉科カナはヤケクソ結婚する!?「倉科さん、結婚すると思うんですよ。すぐに」】の続きを読む



    (出典 www.sora-ten.com)



    1 カーディフ ★ :2018/11/28(水) 09:01:16.91 ID:CAP_USER9.net

    吉岡里帆が11月19日、自身のインスタグラムで「吉岡里帆 2019カレンダー」の一部画像をアップした。しかし今回のカレンダー写真が、一部ファンの間で物議を醸しているという。

    「今回のカレンダーは、吉岡が入るコタツの上に大量のミカンが置かれていたり、球体の中から謎めいた笑みを見せる顔のアップなど、シュールな写真ばかりなんです。また夏のページでは、彼女が久々に水着姿を見せているものの、下は大きなスカートで、上は胸元を完全に隠したスポーティーなデザインであるため、グラビア時代からのファンはガッカリしているようです」(芸能記者)

     今回の水着姿に、古参ファンからは「水着の面積がデカすぎる!」「オレたち足元を見られてるんじゃないか。買うからこんなので良いとか思われるんだろ」「オレたちを見捨てるのか!?」といった具合に肌見せ度の低さに辛辣な意見があふれている。そんな吉岡は今後も、肌見せを封印していく可能性が高いという。

    「現在吉岡は、瑛太との共演CMで人魚役を演じていますが、そこでも頑なに布などで胸をすべて隠しており、視聴者からは『人魚なら水着じゃないと不自然』との声もあがっています。彼女は過去、インタビューで『(世間は)脱いだ人を“脱いでる人が芝居している”って見る』と語っていますから、肌見せ度の高い仕事は極力避けていくつもりなのでしょう。その一方、女優として高い人気を誇る深田恭子は、来年のカレンダーの表紙で、豊かな胸を前面に出した水着姿を惜しみなく披露しており、男性から称賛されています」(前出・芸能記者)

     今年、ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)、映画「音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」に主演するも、視聴率や興収的に大苦戦した吉岡。来年も水着グラビアを封印し、女優業1本で勝負していくのだろうか。


    (出典 img.asagei.com)

    https://www.asagei.com/excerpt/116703


    【【芸能】吉岡里帆、久しぶりの水着姿を公開するもファンはガッカリ…】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/27(火) 18:45:21.17 ID:CAP_USER9.net

     桜田淳子(60)、松田聖子(56)など、アイドル歌手を多く輩出した芸能事務所「サンミュージックグループ」が50周年を迎え、27日に都内で記念式典を行った。現在はダンディ坂野(51)やカンニング竹山(47)、小島よしお(37)など数多くのお笑い芸人も所属している。

     お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(34)は、お笑い芸人になるため、どこの事務所に入ろうかと考えたとき、「よしもととかいろいろ考えたんですが、厳しそうだったので、サンミュージックのオーディションに行ったら、簡単に合格できた」と明かした。先輩にダンディ坂野がいるくらいだから大丈夫だろうと思ったという。

     「ワイルドだろ~」でブレークしたピン芸人・スギちゃん(45)は、いくつか事務所を転々とするも芽が出ず、「サンミュージックがダメだったら、辞めようと思っていたら、2年目で売れた」とブレーク当時をしみじみと思い返した。

     竹山は“一発屋”について、「じつは1回テレビに出て、食えているのはすごいこと」と説明。「坂野さんやスギちゃんは仕事ないふりして、そこそこもらっているのに、腹が立ってしょうがない」と怒りをぶつけた。

     所属タレント160人が集結した式典では、記念撮影のときに一同が「ゲッツ」ポーズをしたことについて、坂野は「ありがたい」と困惑しながらも、喜びを語った。

    [ 2018年11月27日 18:04 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/11/27/kiji/20181127s00041000323000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【芸能】カンニング竹山、一発屋芸人について「じつは1回テレビに出て、食えているのはすごいこと」】の続きを読む

    このページのトップヘ