今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    2018年09月



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 shake it off ★ :2018/09/01(土) 16:18:17.71 ID:CAP_USER9.net

    歌手でモデルの土屋アンナ(34)が1日放送の日本テレビ「メレンゲの気持ち」(土曜正午)に出演し、3人の子どもを育てるママとしての顔を明かした。

     長男の澄海くん(13=すかい)とともに登場した土屋。「長男はインドア派でしっかり系。次男はアウトドア派です」と兄弟の正反対の性格を解説した。

     イケメンの澄海くんは昨年の東京ガールズコレクションでモデルデビューも果たしている。「将来の目標は?」と聞かれ、「楽しかったので、やっていきたい」という澄海くんに、土屋は「自分の持っている才能を伸ばしてやっていってくれたらいい。土屋アンナの息子の看板ではなく」と母親目線で厳しい注文をしていた。

     土屋は08年に亡くなったモデルのジョシュアさんとの間に04年11月に澄海くん、09年に再婚したスタイリストとの間に10年3月に心羽(しんば)くん、16年に3度目の結婚をした一般男性との間に昨年3月に第3子となる星波(せいな)ちゃんを出産した。今年7月には第4子妊娠を発表している。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180901-00000113-spnannex-ent


    【【芸能】 土屋アンナ、モデルデビューを果たした長男に母親として厳しい注文】の続きを読む



    (出典 moco-garden.com)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/08/31(金) 17:47:55.73 ID:CAP_USER9.net

    高橋メアリージュンが松潤ファンの反感買い真意説明
    [2018年8月31日15時56分]

    モデルで女優の高橋メアリージュン(30)が、嵐の松本潤(35)に対する発言で
    一部から批判を浴び、発言の真意を説明した。

    高橋は30日放送のフジテレビ系「VS嵐」に、ゴールデンボンバーの歌広場淳や
    スピードワゴン井戸田潤など名前に「ジュン」が付くメンバーを集めた
    「チームじゅん」の紅一点として出演。同日に35回目の誕生日を迎えた松本を祝った。

    高橋は、芸能界入りする前に留学していた米国でのニックネームが「MJ」だったという。
    しかし日本では「松本潤=MJ」のイメージが強いことから「まねしてるみたいな反応される」
    とボヤくとともに、「でも、よくよく考えてみたら松本潤さんって、
    ジュン・マツモトだからMJじゃなくてJMじゃないですか」と指摘して笑いを誘った。

    するとこの発言が一部の松本ファンの反感を買い、ネット上では「メアリージュンうざい」
    「MJ=松本潤はおかしいとかさ、そこに物申したらあかんやろ? 高橋メアリージュンなんか無理やわー」
    「今日から高橋メアリージュンは嫌いです」といった声もあがった。

    こうした反響を受け、高橋はツイッターで「『あんたもよくよく考えたらMTやん』
    ってツッコミを期待して言っただけに不思議な空気になっちゃいました… 
    それだけ松本潤さんは日本で一番有名なMJですよって伝えたかっただけなんだけど、
    テレビって難しいな」と、“ボケ”のつもりだったと説明した。

    nikkansports.com
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808310000543.html
    高橋メアリージュン(2016年7月2日撮影)

    (出典 www.nikkansports.com)


    【【芸能】高橋メアリージュン、ツッコミを期待してボケたところ松潤ファンから批判される羽目に…】の続きを読む



    (出典 ge-noumatome.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/28(火) 09:08:41.15 ID:CAP_USER9.net

    この夏で41回目を迎えた「24時間テレビ 愛は地球を救う」(日本テレビ系)は25~26日にかけて放送された。メインパーソナリティーに初となる
    アイドルグループ・Sexy Zoneのメンバー5名と番組パーソナリティーにお笑いタレント・サンドウィッチマンを起用し、平成最後の“夏の風物詩”は、つい先程、幕を閉じた。

    同番組は昭和から長年続く、老若男女問わず愛される長寿番組である。これまでの放送を振り返ると、一言では言い切れない程の愛や感動、ハプニングなど様々な名場面を取り上げてきた。
    だが、その番組の出演を巡り、いざこざが勃発したという出来事も過去にあったといわれている。

    発端となったのは2010年の放送のこと。同番組メインパーソナリティーのアナウンサー・徳光和夫が、お笑いタレントの明石家さんまへ同番組への出演依頼をしたという。
    しかし、さんまは「チャリティーなのにギャラが出るのはおかしい」と出演を拒否。

    だが、さんまの出演拒否によって、プライドを傷付けられた徳光の導火線に火が付いたのだ。
    その後、徳光は「さんまを見て一度も笑ったことがない」と批判したことで、以降両者は共演NGになったと報じられた。

    ところが徳光は、2016年8月に放送された『路線バスで寄り道の旅』(テレビ朝日系)にて、さんまとの真相を自ら語ったのだ。
    番組内で共演したタレントの河北麻友子が「さんまさんと結婚したい」と話した流れから、「さんまさん、最近面白いね」と徳光は切り出した。

    しかし、「最近ですか? 」と共演者からの指摘を受けた徳光は「昔、(徳光が)さんまさんはあんまり面白くないって言って。
    さんまさんがそれを見ていたらしくて、全然疎遠になっちゃったの」と激白したのだ。

    そして、2016年11月にさんまが『誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!』(日本テレビ系)に出演。
    同番組で「共演NGなタレントは?」という質問に対し、「俺はいないけど、向こうが言うみたい」とした上で、
    「番組って仕事場なんで、嫌いなままでも仕事する。イヤでも本番やんか。だからそれはちゃんとプロとしてやるべき」と豪語した。

    「さんま自らの共演NGの相手はいないが、先方から共演NGを受けたという。
    さんまが言う“向こう”とは、徳光ではないのかと囁かれていたそうだ。
    それが芸能界で一気に広まり、一切共演のオファーは出せない状況だという」(芸能関係者)

    近年、世間からの24時間テレビに対しての反応というと、さんまに限らず、「メイン司会の嵐が高額ギャラを貰っているからいかん!」
    「ギャラを全部募金に回した初代パーソナリティーの萩本欽一は偉い!」などといった、高額な出演ギャラについて視聴者からも疑問視されているようだ。

    また、2017年9月にテレビプロデューサーのデーブ・スペクターが自身のTwitterで「アメリカでやったハリケーンのための寄付集め特番に音楽や映画スターが勢揃いですべてノーギャラとノーCM。
    “24時間テレビ”のスタッフは見ないようにしているでしょうね、きっと。オチがなくてすみませんm(__)m」と皮肉ともとれる発言が、フォロワーから大絶賛されたこともあった。

    しかしながら、人気タレントや大物芸能人の出演や参加があってこそ莫大な募金が集まる一面があるのも事実。
    チャリティーとはいえ、あくまでも仕事であり、出演料にこだわる芸能人がいても無理はない。
    今後、ギャラの件も含め、番組の内容がどのように変化していくのか注目したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15214326/
    2018年8月26日 22時0分 リアルライブ


    (出典 Youtube)

    蒼いタメイキ/明石家さんま 作詞・作曲 高見沢俊彦


    (出典 Youtube)

    シングル・ベッド

    前スレ                   2018/08/26(日) 23:34
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1535294054/


    【【芸能】明石家さんま、24時間テレビ「チャリティーなのにギャラが出るのはおかしい」という発言で共演NGになった人物が…】の続きを読む



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/31(金) 09:21:06.57 ID:CAP_USER9.net

    若手人気女優の広瀬すずに「ウソ泣き娘」の評判が出ている。女優にウソ泣きは付きものだが、広瀬の場合は演技ミエミエだというのだ。

    「よく、こんなことで泣けるなと感心してしまうほど。
    別に泣くほどのことじゃないのに涙ボロボロ。彼女には、まだ人を欺く演技力がないですね」(芸能ライター)

    広瀬は去る8月23日、横浜市で行われたティーン雑誌S誌のイベントで同誌の専属モデルを卒業したのだが、そのシーンが「ワザとらしい」と評判になっている。

    「S誌のモデルは22歳ぐらいまで続ける子はいますけれど、すずは売れているから早々に卒業ということでしょう。
    でも、去年8月、彼女は同じく専属モデルの三好彩花の卒業のとき、今後も頑張ると宣言していました。だから、少々早い気もしましたけど」(女性誌記者)

    実際、すずは三好に対して、専属モデルを代表して送辞。
    三好との思い出を語りながら涙で送った。

    「専属モデルで入ってくるギャラなど知れています。どこまでいってもステップアップの材料でしかない。逆に専属モデルで時間が取られるのが足かせになったのかもしれません」(同・記者)

    定番の演出に涙ボロボロ

    広瀬は来年のNHK連続テレビ小説『なつぞら』の主演が決まっている。しかも同小説100作目という記念の作品だ。
    もうモデル業などやってられないというのが本音だろう。

    「このイベントで笑ってしまったのは、姉のアリスの手紙が突然、代読されたこと。文面には『……すずは、私の自慢の妹です……』という、いかにも泣かせる言葉。
    その瞬間、すずは涙ボロボロです。この手の卒業式というと、身内の手紙が用意されるのが定番。すずの涙は“演出”を助長しただけ」(同)

    昨年の三好卒業の際にも、三好の母親の手紙が用意され、三好は涙。すずは、その手のヤリ方は身をもって知っていたはず。

    「だいたい昨年、すずは送る側だったのに涙した。送辞は相手への感謝と門出を祝うので、涙は見せるものではない。
    だからネットでは『自分のイメージ作りのために“ウソ泣き”した』と酷評された。
    今回のアリスの手紙にしても同じ。つい最近まで一緒に住んでいたのに、泣くなんてワザと過ぎる。ウソ泣きといわれても仕方がない」(前出の芸能ライター)

    来年の『なつぞら』がコケないことを願うばかりだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1512145/
    2018.08.31 07:00 まいじつ


    【【芸能】広瀬すず、ファッション雑誌の専属モデル卒業で見せた‟涙”がわざとらしい?】の続きを読む

    このページのトップヘ