今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    2018年05月



    (出典 ure.pia.co.jp)



    1 ひかり ★ :2018/05/29(火) 00:04:05.82 ID:CAP_USER9.net

    5月17日に渡辺謙(58)との離婚を発表した、女優の南果歩(54)。2人はドラマの共演がきっかけで友人関係になり、渡辺の前妻との離婚成立後の05年に結婚。おしどり夫婦として知られていたが、
    昨年3月に元ホステスでジュエリーデザイナーの女性と渡辺との3年に及ぶ不倫が『週刊文春』で報じられた。離婚発表後、彼女は自身のツイッターに《これからは曇りのない笑顔で、私らしく歩んで
    参りたいと思います》と綴っているが――。

    「果歩さんは周囲を心配させまいと明るく振舞っています。でも13年も連れ添った夫婦ですから、平気なわけがありません。不倫はいけないことですが、謙さんだって果歩さんのことを心から愛していました。
    彼女の乳がん闘病も謙さんは献身的に支えていましたし。離婚という結論に至ったとはいえ、果歩さんは今でも謙さんに感謝しています」(南の知人)

    そんな彼女の複雑な気持ちとは裏腹に、離婚発表後は南が受け取る“多額の慰謝料”について複数の記事が出た。5月23日発売の『女性セブン』は、“渡辺が南に支払う慰謝料は10億円”と報道。
    記事によると2人は“婚前契約”を交わしており、渡辺側に何らかの不都合があって離婚することになった場合、“夫婦の財産はほとんど南に譲る”という取り決めがあったというのだが――。
    前出の南の知人は、この記事に真っ向から反論する。

    「婚前契約なんて、2人はまったく交わしていませんよ。婚前契約について尋ねられた果歩さんは、あまりに根も葉もない記事に呆れていたそうです」

    こうした憶測が飛び交うなか、当事者である彼女はいま何を思うのか――。離婚発表から1週間が経った、5月下旬。六本木の一流ホテルに到着した南に記者は声をかけた。何度も取材してきた
    顔なじみの記者だったからか、離婚後はノーコメントを貫いてきた南が、困惑しつつも初めて口を開いてくれた。離婚したばかりとは思えないほど明るい口調だったが、“慰謝料10億円”報道について
    たずねると表情は突如として曇ってしまった。

    「どうしてこんな記事が出るんでしょうか……」

    驚き呆れた表情の南は頭を横に振りながらこう続けた。

    「10億円なんて、とんでもない。全部嘘です!だって、(渡辺には)借金しかなかったんですもの……」

    ――え!? 借金ですか?

    「はい。でも、そんな記事にいちいち反論していても仕方ないですからね(苦笑)」

    さらに、南は慰謝料の報道以外にも心を痛めていることがあるようで――。

    「うちの母が『(離婚は)私のせいじゃないか』ってひどく傷ついているんです」

    実は、南の実母と同居していたことで、息が詰まる生活を強いられた渡辺が“不倫に走った”と、これも一部では報じられてきたのだ。

    「同居が不仲の原因と言われていますが、そんなことはないと思うんです。というのも、もともと私たち家族が住んでいた家に向こう(渡辺)が入ってきた形なので、母との同居はいまに始まったことでは
    ないんですよ。でも母は『自分が出ていけば何とかなるんじゃないか』と思ってしまったみたいで、騒動後はあの家から引っ越していきました。母とはいまも一緒に住んでいませんし、住民票まで
    移したんです。もう80歳を過ぎた母にそんなことをさせてしまって、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなんです……」

    悲痛の真相を明かした南。最後に、今後の人生についても聞いてみた。

    「いまは何も考えられない状態なんです。女ひとりの人生って、心細いですよ。でも、これが私の人生ですからね、負けずにしっかり歩いていきたいと思います。頑張っていきますから、
    これからも応援よろしくお願いいたします!」

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180529-00010000-jisin-ent


    【【芸能】南果歩 ”婚前契約”や”慰謝料10億円”は大嘘!当時の渡辺謙には「借金しかなかった」】の続きを読む



    (出典 getbeauty.jp)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/05/29(火) 17:28:04.62 ID:CAP_USER9.net

    岡田麿里の自伝もとにしたドラマが9月にNHKで放送、主演に前田敦子
    2018年5月29日 16:27 コミックナタリー
    https://natalie.mu/comic/news/284237

    前田敦子

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」

    (出典 cdnx.natalie.mu)


    アニメ脚本家・岡田麿里の自伝「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで 」をもとにしたテレビドラマの放送が決定した。NHK BSプレミアムにて9月1日22時よりオンエアされる。

    「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで 」は2017年に岡田が発表した自伝。彼女が脚本を担当し人気作となったアニメ作品の誕生秘話が、自身の引きこもりだった過去とともに綴られている。

    ドラマでは岡田自らが脚本を担当。引きこもりだった学生時代から、上京して脚本家になるまでの道のりが、実写ドラマとアニメ作品の映像をコラージュして描かれる。主演は前田敦子が務め、そのほかキャストには大東駿介、浜野謙太、長井短、温水洋一、野間口徹、田中要次、本田博太郎、富田靖子らが名を連ねた。

    ◆特集ドラマ「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」

    NHK BSプレミアムにて2018年9月1日(土)22:00~23:29
    原作・脚本:岡田麿里
    演出:藤並英樹
    音楽:橋本由香利
    出演:前田敦子、大東駿介、浜野謙太、長井短、温水洋一、野間口徹、田中要次、本田博太郎、富田靖子 ほか
    制作統括:落合将


    【【芸能】アニメ脚本家・岡田麿里の自伝を元にしたドラマがNHKで放送決定!主演・前田敦子】の続きを読む



    (出典 star7.org)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/05/29(火) 18:36:32.33 ID:CAP_USER9.net

    のりピー、何でもない日常がありがたい…あれから9年“怪物級美魔女”の現在
    2018年5月29日14時0分 スポーツ報知

    “のりピー”が贖罪(しょくざい)の道を誠実に歩んでいる。女優の酒井法子(47)が有罪判決を受けたのは2009年。
    12年11月に芸能界に復帰し、地に足をつけた活動で徐々に仕事の幅を広げてきた。
    現在の様子や心境、ファンへの感謝の思い、意外なマイブームなど赤裸々に語った。(取材・田中 俊光)

    デビュー30周年を迎えた一昨年、16年ぶりのコンサートに臨んだ。ディナーショーや地域のお祭りゲストなど、
    ファンとの距離が近いイベント出演にも精力的。初心を思い返しながら奮闘する日々だ。

    「デビュー当時は、そういうお仕事がたくさんあって。今また、お客さま一人ひとりの表情が
    見える所でやれているのは楽しいですね。この前のお祭りは子供さんが多かったので
    『のりピー音頭』とか、楽しんでもらえるような曲を並べたら、すっごく楽しそうに聴いてくれて。
    『のりピー!』なんて言ってくれて、とってもうれしかったですね」

    台湾、中国、香港などアジア圏の人気は健在。1月に香港で開いた単独コンサートのチケットは3日で完売し、
    現地メディアは「怪物級美魔女」と取り上げた。

    「温かいコンサートでした。ファンの方が曲ごとにやることを決めてくれていたみたいで、
    ライトを照らしたり、ボードを持ってくれたり。張り切りすぎたのか、
    3、4曲歌った頃に聞いたこともないかすれ声になってしまって申し訳ない気持ちでしたが、
    逆に私が力をもらったようなコンサートをさせていただきました」

    アジア友好の懸け橋として依然として大きな存在。

    「そんな大それたものはないですが、文化も言葉も違う人が音楽なりを通じて交わって、
    楽しい時間を過ごすっていうのはいいですよね。私が何かのためになるなら、うれしく思います」

    47歳になった今も美貌は健在。秘訣(ひけつ)は。

    「おこがましくて何も言えないですよ(笑い)。毎日、鏡の前に立つと『あちゃー』と嫌になりますが、
    自分を奮い立たせて頑張っています。太りそうな物は我慢しようとか、運動も自分に厳しく。
    週5日ぐらい、ホットヨガ、筋トレ、ダンスレッスンをやっています」

    事件から9年。今、思うこと。

    「こうして仕事をさせていただけて、本当にありがたいと思います。自分が犯したことはもちろん忘れずに、
    でも、ずっと立ち止まっていても何も変わらないので、前を向いてやっているつもりです」

    いまだに風当たりは強い。

    「もともと、私のやったことが原因ですから。私にはどうすることもできないし、する権利もない。
    私が活動していることに不愉快な思いをされる方がいても不思議ではないし、一方で応援してくださる方もいます。
    これは一生続くことだろうと思うので、させていただけることを一生懸命やって、
    応援してくださる方に少しでも喜んでいただくのが、私の生きる道なのかなと思います」

    最近は、何げない日々に幸せを感じるという。

    「何でもない日常が毎日続くってことが、ありがたいなあと思いますね。そんなふうに思うから毎朝、
    神棚に手を合わせたりしちゃって。『また一日を迎えさせてもらってありがとうございます』って」

    (後略、全文はソースで)
    スポーツ報知 http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180528-OHT1T50234.html
    本紙のインタビューに答える酒井法子。現在の心境を穏やかに語った

    (出典 www.hochi.co.jp)


    (出典 www.hochi.co.jp)


    (出典 www.hochi.co.jp)


    【【芸能】“のりピー”こと酒井法子 香港単独コンサートチケットは3日で完売!現地メディアで『怪物級美魔女』と取り上げられる【画像あり】】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 muffin ★ :2018/05/29(火) 10:57:51.95 ID:CAP_USER9.net

    http://mediagong.jp/?p=25671
    2018年5月29日(火) 7:30

    「日本美尻スト協会主催 第1回ベスト美尻スト・アワード2018」が開催され、その意外な結果から話題を呼んでいます。
    ここ数年、「美尻」が注目されています。お尻専門のトレーニングジム開設や日本の雑誌、テレビでも美尻特集が組まれるなど、美肌や美脚に続く新しい「美しさの基準」として、美尻への関心が高まっていると言われます。
    たとえば、あのジャニーズにも「お尻好き」のメンバーは少なくありません。嵐の松本潤くんは、かつて自身の番組で「僕はプリッとしたお尻が好きです」と宣言。関ジャニ∞・安田章大くんも地上波で「お尻、大きい人がええですよ」と発言し、話題になりました。他にも多くの人気タレントがお尻好きを公言しています。
    (中略)
    「日本美尻スト協会主催第1回ベスト美尻スト・アワード2018」のベスト10は、以下の通り。

    1位】指原莉乃(3232票)

    【2位】足立梨花(2594票)

    【3位】小島瑠璃子(2194票)

    【4位】小嶋陽菜(2088票)

    【5位】神谷えりな(1952票)

    【6位】道端ジェシカ(1764票)

    【7位】アンジェラ芽衣(1730票)

    【8位】道重さゆみ(1357票)

    【9位】最上もが(1016票)

    【10位】山本彩(952票)

    「日本美尻スト協会主催 第1回ベスト美尻スト・アワード2018」は、日本美尻スト協会が一般の男女1万2000名(20歳~60歳対象)にアンケート調査を実施(有効回答数1万1329)。
    現在人気の「スタイルが良い」「お尻がキレイ」と言われている女性芸能人30人の中から日本一の美尻を決めるというもの。
    (結果詳細は「日本美尻スト協会主催第1回ベスト美尻スト・アワード2018」


    【【芸能】<ベスト美尻スト・アワード2018>堂々の第1位は指原莉乃!】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 ひかり ★ :2018/05/29(火) 16:59:39.74 ID:CAP_USER9.net

    「これまで何度も“結婚秒読み”と報じられてきた2人ですが、今度こそゴールインを決めたそうです。長谷川さんサイドは、出演するドラマや映画の関係者にはすでに結婚の報告をしています。
    5月中と聞きましたが、すでに入籍を済ませているという話もあります」(テレビ局関係者)

    “事実婚状態”を続けてきた鈴木京香(49)と長谷川博己(41)が、長すぎた春にようやく終止符を打つという。10年のドラマ『セカンドバージン』(NHK)での共演をきっかけに交際を開始した2人。
    だが15年7月には破局が報じられるなど、その道のりは決して平たんなものではなかった――。

    「もともと、京香さんはすごく結婚願望の強い女性だったんです。でも40代後半に突入してからは、一種の“あきらめ”みたいな気持ちが生まれてしまったみたいで。
    この1、2年は『もう結婚にはこだわらない。いまのままで十分幸せだから』と周囲に漏らしていました」(鈴木の知人)

    いっぽうで、長谷川の煮え切らない態度も、なかなか結婚に踏み切れない理由だといわれてきた。

    「交際発覚当初、京香さんより自分のほうが俳優として“格下”と揶揄されたことを気にしていて、『いまの自分は彼女にふさわしくない』と、ずっとプロポーズできずにいたのでしょう」(舞台関係者)

    そんな、ちょっぴり頼りない“8歳年下の彼”が結婚を決意したきっかけとは――。

    「20年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で、長谷川さんが主演(明智光秀役)に抜擢されました。また、今年10月からスタートする朝の連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)では、
    ヒロインの夫役を演じます。大仕事が次々と舞い込んできて、長谷川さんにも男としての自信がやっとついたのでしょう」(芸能関係者)

    もうひとつ、2人の結婚を後押しした大きな転機があったという。

    「5月31日に、京香さんは50歳の誕生日を迎えるんです。“40代のうちに結婚すること”は、少し前までは彼女にとって長年の夢でした。最近では京香さんから結婚の話を口にすることはないんですが、
    長谷川さんはそんな彼女の複雑な気持ちには薄々気付いていて……。長谷川さんのほうからプロポーズしたと聞いています」(長谷川の知人)

    5月下旬、本誌はそんな2人の“愛の巣”を訪れた。午後1時すぎ。小雨がちらつくなか、都内にある高級マンションから長谷川が歩いて出てきた。記者の直撃に一瞬驚いた様子を見せたが、
    次の質問で表情がパッと華やいだ。

    ――京香さんの50歳の誕生日を機にご結婚が決まったそうで。おめでとうございます!

    「あはは!すみません~、勘弁してください(笑)」

    そう言うと、長谷川はこちらがびっくりするほど満面の笑みを見せた。“嬉しいけれど何も答えるわけにはいかない”といった様子だ。足早に去ろうとする彼に、記者は矢継ぎ早に質問を投げかけてみた。

    ――入籍は済まされたんでしょうか?せめてそれだけでも!

    「いやぁ、すみません(笑)」

    彼は記者に会釈をすると、その場を後にした。突然の直撃にも嫌な顔ひとつせず、終始笑顔だった長谷川。「すみません」と言いつつ、結婚を否定することは一度もなかった――。

    「京香さんの意向で、挙式は近親者のみ。披露宴の予定もないようです。結婚を発表するかも決めかねているくらいなので、あくまでもひっそりと済ませたいようです。だから、長谷川さんも
    京香さんの意向を無視して、勝手に話すわけにはいかないのでしょう」(前出・テレビ局関係者)

    揺れる女心を変えた、8年越しのプロポーズ。終始笑みを崩さなかった長谷川の表情は、自信と幸福に満ち溢れていた――。

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180529-00010002-jisin-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527519952/


    【【芸能】鈴木京香、長谷川博己との8年の交際期間を経てついに結婚へ】の続きを読む

    このページのトップヘ