今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~

    2018年05月



    (出典 www.sanspo.com)



    1 ひかり ★ :2018/05/28(月) 21:38:12.21 ID:CAP_USER9.net

     女性のパートナーと交際していることを公表した経済評論家の勝間和代さん(49)が28日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜・後9時)に生出演し、
    公表した理由などを激白した。

     勝間さんは「私は高校、大学、社会人と定期的に女性が好きになったことがあるんですが、それはいけないと蓋をしていた」と告白。「おととしに偶然がきっかけで出会って、
    彼女と付き合って。当事者がみんなオープンで、私も(LGBTの権利を訴える)レインボーパレードに出たりして。解放しないほうが不便だと思うようになって」と
    公表した理由について語った。

     「2人でどこか出かけても、私とマネジャーだと思われる。『何の取材ですか?』って。お互いの関係性が良くないと思って、どうして堂々と言えないのかなって」と話した。
    ここまで公表しなかった理由としては「規範意識かな。言ってはいけないと…」と説明した。

     番組冒頭のテーマで「うれし泣きをしたことは?」にちなんで「今日の午前中はボロボロ泣きました」と話した勝間さん。「多くの人から“おめでとう”と言われた。
    今日も3人くらいから、『実は私も…』とメッセージをもらって…」と話した。

     男性は恋愛対象ではないのかと聞かれると「それは違って。好きな人がたまたま女性だったと解釈して欲しい」と話した。出演者から祝福の声をかけられると、
    感極まったのか涙をこらえる場面もあった。

     この日、更新したブログで、勝間さんは会社経営者の増原裕子さんと交際していることを公表している。

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000233-sph-ent


    【【芸能】経済評論家の勝間和代さん 同性パートナーがいることを告白】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)



    1 muffin ★ :2018/05/31(木) 19:30:16.90 ID:CAP_USER9.net

    http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180530-OHT1T50203.html
    2018年5月31日5時0分 スポーツ報知

     人気モデルの仁香(にか、42)が、16歳年下のカメラマン・柴田翔平氏(26)と真剣交際していることが30日、分かった。
    昨年、イベントで知り合い、柴田氏が仁香のファンだったことから意気投合。すぐに連絡を取り合うようになり交際に発展した。関係者によると、近い将来の結婚も視野に入れているという。

     仁香は短大在学中の94年、18歳で「CanCam」(小学館)の専属モデルとしてデビュー。長谷川理恵(44)、米倉涼子(42)らと並び6年間、同誌のカリスマモデルとして活躍した。
    2006年に2歳年上の会社員と結婚、08年に長男(10)を出産したが、14年に離婚。
    現在は子育てをしながら「STORY」(光文社)のレギュラーモデルを務めるほか、デザイナー、ウォーキングアドバイザーなど多方面で活躍している。

     お相手の柴田氏は身長187センチのイケメン。カメラマンとして活躍するほか、アウトドアブランド「コロンビア」などのモデルも務めている。
    すでに仁香の長男とも何度も会っており、サーフィンを教えるなど仲を深めている。

     仁香は6月1日発売の「STORY」で、ツーショット写真とともに「実は去年、彼ができました」と交際を告白。
    「彼といると女のコでいさせてもらえる。自分の好きな自分でいられるのが、本当に幸せ。彼に出会えたことは私と息子にとって、本当に財産だな、と感じているんです」と喜びをかみしめている。
    近くゴールインする可能性もありそうだ。


    (出典 www.hochi.co.jp)


    【【芸能】人気モデル・仁香 16歳年下のカメラマンと真剣交際「彼といると女のコでいさせてもらえる」【画像あり】】の続きを読む



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 峠 ★ :2018/05/31(木) 19:05:03.01 ID:CAP_USER.net

     28日に事務所移籍を発表した歌手の広瀬香美(52)に対して、これまでマネジメントをしていた
    所属事務所が31日、公式サイトで広瀬の活動休止を発表。「広瀬香美」の芸名使用の禁止を求めた。

     広瀬は28日に自身のフェイスブックを更新。事務所を移籍しての、新たな活動開始を報告。
    21日に更新した自身の公式サイトでは所属していた「オフィスサーティー」とのマネジメント
    契約終了を発表していた。

     この日、所属事務所「オフィスサーティー」が報道各社に文書でFAXを送付。「弊社に事前の相談もなく、
    一方的な『独立宣言』を発表され、弊社スタッフ一同、大変困惑しております」と報告。

     続けて「『広瀬香美』は弊社代表取締役が命名した芸名であり、『広瀬香美』の芸名の使用権限は、
    弊社及び取締役に帰属しており、弊社所属アーティストとしての活動以外には『広瀬香美』の芸名を
    使用できません」と説明した。

     文書では「弊社としては一方的な対応に強く抗議し『広瀬香美』の芸名を使用した芸能活動の
    一切の禁止を求めるとともに、断固たる法的措置をとる所存であります」と芸名の使用禁止を求めている。

    歌手の広瀬香美

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ソース Sponichi Annex 05/31 17:29
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/31/kiji/20180531s00041000234000c.html


    【【芸能】広瀬香美 一方的な『独立宣言』に事務所困惑…法的措置を検討】の続きを読む



    (出典 www.sanspo.com)



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/05/29(火) 12:32:35.67 ID:CAP_USER9.net

    竹内香苗アナ、第3子妊娠を生報告 長男・次男は南米で出産
    2018年5月29日 11:38 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/29/kiji/20180529s00041000148000c.html

    竹内香苗アナウンサー

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    元TBSでフリーアナウンサーの竹内香苗(39)が第3子を妊娠した。29日、アシスタントを務めるTBSラジオ「伊集院光と らじおと」で生報告した。

    番組のエンディングで「ご報告がありまして」と切り出し「私事で本当に恐縮なのですが、このたび第3子を授かりました」と、自身のおめでたを発表。「11月に出産予定で、今年1月から火曜日のアシスタントを務めさせていただきましたが、ちょっと時期をみて一旦お休みをちょうだいしたいことをリスナーのみなさんにご報告したいなと思いました」とした。

    パーソナリティーの伊集院光から祝福され「うれしいことではあります」と感謝。それでも「(子供が)3人いて大丈夫かな、全体的な意味で…」と正直な思いも口にして伊集院を笑わせた。

    所属事務所によると、仕事についてはギリギリまで続け、出産後は体調や育児の状況と相談しながら、できるだけ早く復帰する予定だという。

    竹内アナは2012年3月、一般男性と結婚。14年2月、夫の転勤先であるブラジルで第1子長男を出産。16年3月にはアルゼンチンで第2子次男を出産した。


    【【芸能】竹内香苗アナ TBSラジオで第3子の妊娠を発表 11月出産予定】の続きを読む



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 かばほ~るφ ★ :2018/05/31(木) 18:13:00.35 ID:CAP_USER9.net

    久米宏:小宮悦子とNステ名コンビ復活「並んで仕事するのは20年ぶり」
    2018年05月31日

    フリーアナウンサーの久米宏さんと小宮悦子さんが31日、放送文化の向上に貢献した番組や
    個人・団体を表彰する「第55回ギャラクシー賞」の贈賞式(主催:放送批評懇談会)で司会を担当。
    情報番組「ニュースステーション」(テレビ朝日系)での名コンビを復活させた。

    「ニュースステーション」で久米さんはメインキャスター、小宮さんはサブキャスターを務め、
    1985年から98年までコンビを組んでいた。久米さんは「小宮さんと並んでお仕事をするのは20年ぶりですけど、
    おばけが出たと言わないでください」と冒頭であいさつし、会場からどよめきが起こった。

    「ギャラクシー賞」は、放送批評懇談会が日本の放送文化の質的な向上を願い、
    優秀番組・個人・団体を表彰するために1963年に創設。今回で55回目を迎えた。
    「55周年記念賞」を脚本家の倉本聰さん、
    「テレビ部門 特別賞」を連続ドラマ「架空OL日記」(読売テレビ制作)で原作・脚本・主演を務めたバカリズムさん、
    「テレビ部門 個人賞」をNHKの大河ドラマ「おんな城主 直虎」などに出演した高橋一生さんが受賞した。

    また「フロンティア賞」には稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの特別番組
    「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」(AbemaTV)、
    「マイベストTV賞」には俳優の役所広司さんが主演を務めた連続ドラマ「陸王」(TBS系)が選ばれた。

    まんたんウェブ
    https://mantan-web.jp/article/20180531dog00m200015000c.html
    「第55回ギャラクシー賞」贈賞式で司会を務める久米宏さん(右)と小宮悦子さん

    (出典 storage.mantan-web.jp)


    【【芸能】久米宏&小宮悦子 「ニュースステーション」の名コンビが20年ぶりに肩を並べる【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ