(出典 yuumeijin-shokai.com)



1 湛然 ★ :2019/03/17(日) 07:36:35.48 ID:ydTQwEHZ9.net

2019.03.17 07:00  NEWSポストセブン
倉本聰が貫くこだわり 台詞を変えた寺尾聰を二度と起用せず

『北の国から』(フジテレビ系)をはじめとする数々の名作を生み出してきたドラマ界の巨匠・倉本聰氏(84才)。4月から始まる“昼ドラ”『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)の脚本を手がけることでも話題を集めている。
倉本氏が約60年も脚本家として活躍を続けられるのはなぜか――。このほど、倉本氏と共著『ドラマへの遺言』(新潮社)を上梓した、元テレビプロデューサーで上智大学文学部教授(メディア文化論)の碓井広義さんが、倉本氏のスゴさを物語る数々のエピソードを明かしてくれた。
碓井さんは36年間、倉本氏に師事してきた“愛弟子”だ。

◇一字一句へのこだわり

 ドラマ制作では、撮影の前に出演者を集めて、初めから終わりまで脚本の読み合わせをする“本読み”が行われる。一般的に脚本家はあまり顔を出さないものだが、倉本氏は積極的に参加することで知られる。
 
「書いた言葉が役者さんに通じているか。表現のニュアンスの違いや要望を、倉本先生は直接役者さんに伝えます。これが世にいう“倉本聰の本読み”。その姿を見て、脚本がドラマの生命線なんだと改めて学びました。
制作陣と役者に対する厳しい姿勢の根底にあるのは、いいドラマを作りたいという思いです」(碓井さん・以下同)

『優しい時間』(フジテレビ系、2005年)の最終回で、寺尾聰が「よう」という台詞を「やあ」に変えたことがあった。
ニュアンスを軽視されたショックから、それ以来、倉本氏は寺尾を起用しなくなったという。倉本氏の一字一句への強いこだわりを感じさせるエピソードだ。

 しかし、そのこだわりが騒動に発展したこともあった。1974年放送のNHK大河ドラマ『勝海舟』では、脚本家の演出領域への関与の是非をめぐって問題がこじれ、倉本氏は脚本を途中降板した。
大河ドラマ脚本家の降板劇は当時、大きく報じられ、倉本氏も批判された。

◇リアルさを追求

 倉本氏が北海道・富良野市に移住したのは、この降板劇から3年後、1977年のことだった。倉本氏が住むと決めた場所は荒れた森で、電気はなく、水は自力で沢から引いた。
倉本氏の代表作『北の国から』には、こうした体験がふんだんに盛り込まれている。

「『北の国から』の主人公・黒板五郎がしたことは、倉本先生自身が実際に行ってみたことが多い。倉本脚本は頭の中だけで組み立てたものを物語にしたわけじゃないから、リアルなんです。

 特におもしろいと思ったエピソードは、子供の純と蛍が一輪車に石を積んで運ぶシーンです。制作側は子供に無理をさせず、重そうに運ぶ絵が撮れたらいいと、藁を上げ底にしてテレビに映るところだけに石を積んでいた。
でも倉本先生はそれを却下して、山盛りの石を運ばせました。2人は石の重さでバランスが取れずに一輪車を倒し、石が落ちると積み直してまた運んで…。これがリアルなんです。

 しかし純役の吉岡秀隆さんはつらかったんでしょうね。台本の裏に、“(監督の)杉田死ね! 倉本死ね!”と書いていました(笑い)。
純は東京にいるお母さんのもとに帰りたいわけですが、吉岡さんも演技だけではなく、純と同じ気持ちだったのでしょう。ドラマ全体が、そうやってリアルになっているのです」

 本読みだけでなく、撮影現場にも細かく立ち会っていたからこそリアリティあふれる数々の名シーンが生まれたと言えそうだ。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


https://www.news-postseven.com/archives/20190317_1329624.html





18 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:48:05.72 ID:uS8yVI5t0.net

>>1
もうドキュメンタリー撮れよ


2 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:37:29.00 ID:aZMFBK8x0.net

そして誰もいなくなった


3 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:39:57.61 ID:EysK6ZbL0.net

>>2
脚本家だから作品が残れば良いんでね?


4 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:41:07.15 ID:SHmAoHG00.net

独裁者


5 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:41:44.10 ID:dFP7839t0.net

正確には1974年に盟友の元HBC・守分寿男のつてで一旦札幌に移住し、その後富良野に移った。倉本の本を直せるのは守分ぐらい。


11 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:45:56.40 ID:6yObz/n/0.net

>>5
なんで北海道に移住したん?(´・ω・`)


7 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:43:51.30 ID:vHTk+kSG0.net

アドリブは一切無いってことか


8 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:44:38.36 ID:qDwlZYR50.net

劇作家だと多少役者のアドリブは認めるらしいが、映画ドラマの脚本家は基本セリフを弄らせないってのは聞くな
ただ役者の方でそれでもこの台詞イヤイヤヨーとゴネるのがいるらしい
よく言われるのは松田優作のせがれとか


9 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:45:31.60 ID:bFP5x8N10.net

「よう」「やあ」
単なるセリフ間違いじゃないの?


17 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:47:53.76 ID:nHD0Wydy0.net

>>9
これは流石にイメージするキャラが変わるから駄目だろうね


10 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:45:49.28 ID:G09J7d2U0.net

じゃあ西田敏行とか絶対無理じゃん


12 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:46:27.39 ID:I8C/rHdh0.net

ケツの穴の小さい野郎だな


13 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:46:33.62 ID:Li5KlwW00.net

ふたりの聰


16 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:47:50.33 ID:NyKPZElL0.net

くぅ~もりガッラスの向こうは


19 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:48:57.28 ID:aM7+WrnH0.net

大河でそんなことがあったのか
だったら今もあの汚い八重歯のおっさんも替えたらいいのに。あいつの書く本が低視聴率の原因だろ


20 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:49:38.87 ID:z6LOUYSd0.net

「おめえが考えたのよりこっちのほうがよくねw」ってことだもんなアドリブって


21 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:50:01.28 ID:HXhyIeJo0.net

トーマス事件被害者の親戚だったな


22 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:50:08.85 ID:ot2qebyE0.net

そもそもその後ろくにドラマとってないじゃない?


23 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:51:59.55 ID:6L4XtJsgO.net

監督やれよ


24 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:52:44.11 ID:8w5e4gvf0.net

岡本喜八は出来上がったブルークリスマスの脚本読んで困り果てたが、
改変したら訴えると倉本から言われて仕方なくそのまま撮った


25 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:52:53.70 ID:H5L1lQBH0.net

よう 庶民的で親しみやすさを感じる

やあ 知性的で少し気取ってるように感じる

ようの方が相手との精神的距離が近いんだな


26 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:53:19.28 ID:H/NjQZqA0.net

「よう」より「やあ」方が優しい感じはするけどなあ


27 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:53:31.66 ID:Ut/BgmFP0.net

意思を持つ人間を必要としないんだろ
人形劇でもやってろ


28 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:53:36.50 ID:N7CfGUpP0.net

優しい時間って
長澤まさみが釣り銭ごまかしてた
糞ドラマか


29 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:54:16.80 ID:OYSVBQHn0.net

北の国からの北海道弁もちょっと違うけどね


30 名無しさん@恐縮です :2019/03/17(日) 07:54:19.46 ID:m4pAOble0.net

引退宣言したジジイが何時まで書いてるの