今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/19(月) 18:57:54.00 ID:CAP_USER9.net

    元女優の高樹沙耶のツイートが話題になっている。

    2016年に大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていた高樹。しかし、今年5月のブログエントリーで自身の逮捕について
    「大麻というものでここまで社会性を奪われ、健康のために使用する道すら開かれないこの国の状況が少しでもよくなるように願わずにいられません」とつづり、「反省してない」と批判を浴びていた。

    そんな高樹だが、18日にツイッターを更新し、「神よ何故あなたは地上に大麻草をお与えになったのでしょうか!」とツイート。
    さらに、「私達をエロス、狂乱、錯覚、怠惰に陥らせるためなのでしょうか?植物を育て、分かち合い、それを手にすることが如何なる罪か教え給え!」とつづっていた。

    高樹はその後、19日までにツイートを削除しているものの、これに対し、ネットからは「ええ…怖すぎる」「身体を張った反面教師?」
    「デメリットがでかいって分かっててなんで推奨しようとするの?」といった声が殺到している。

    実は高樹、13日にもドラマ『相棒』(テレビ朝日系)の中で話題になった“シャブ山シャブ子”の薬物依存描写の事実性を否定する記事を引用し、
    「ドラマや映画はあくまでフィクションなので誇張を悪として俳優や製作者を責めるのもどうかと思いますが」と前置きしつつ、
    「情報番組や“ダメ絶対だめキャンペーン”での大麻についての報道は、病に苦しみ大麻の真実を知った人からしたら大罪だ」とツイート。さらに、「日本の薬物に関する向き合い方は先進国と言い難い」と批判していた。

    また、先月にはカナダが先進国としては初めて嗜好品として大麻の所持・使用を合法化したニュースを受け、
    「こうした決断が基本になるといいですね!タバコやお酒のように国が全てを管理するのでなく個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」ともツイート。ネットからは物議を醸していた。

    今回もネットユーザーからは呆れ声が多く集まっている模様。高樹の行動の数々は逆に人々の大麻への不信感を生んでいるようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1576605/
    2018.11.19 12:40 リアルライブ


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【【芸能】高樹沙耶の削除されたツイートが怖すぎる!「神よ…」】の続きを読む



    (出典 realsound.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/19(月) 21:43:58.39 ID:CAP_USER9.net

    日曜ドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)の第6話が18日に放送された。平均視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。
    前回の9.8%から0.4ポイント下落する結果となった。

    西森博之の人気同名漫画が原作の本作。主演を賀来賢人が務め、演出・脚本はコメディ映画やドラマなどを多く手掛ける福田雄一が担当。
    ムロツヨシや佐藤二朗ら、福田作品に縁の深い俳優が登場する。また、小栗旬や柳楽優弥ら、福田作品に多く登場している俳優がスペシャルゲストとして出演。
    第6話でも、冒頭に山田孝之が登場し、福田作品ファンは大盛り上がりだった。

    しかし、山田が演じたのは“ソープランドの店員”という役どころ。主人公・三橋(賀来)の父・一郎(吉田鋼太郎)と担任の椋木(ムロ)が
    ソープランドの待合室で遭遇してしまい、椋木が一郎の弱みを握ったと言って三橋を自身のしもべにするという導入だった。

    この描写について視聴者からは「子どもが録画で楽しんでるのにソープはやめてほしい…」「ソープとか原作にないし、山田孝之を出したいがためにシーンを作ったの?」
    「ソープランドネタ、つまらないし下品すぎる」と批判する声が噴出している。

    「『今日から俺は!!』は夜10時30分からと開始時間は非常に遅いですが、いい意味でバカバカしい展開で小学生からも支持されている。『親子で楽しめる』という声も多くありました。
    それだけに今回の『ソープ』の連呼には親世代の視聴者層から戸惑いが生まれ、『子どもに見せられない』という声が殺到。
    『意味を知らない子どもに説明しなければならない』という声も見受けられました」(ドラマライター)

    また、原作ファンからも「原作の世界観が崩れすぎて今回は辛い」「原作のままが一番面白いのに、過剰な演出でスべらせないでほしい」といった声も噴出している。

    「以前から過剰なギャグ演出に疑問を呈す原作ファンは少なくありませんでした。
    特に今回は『ソープ』が余計だったと指摘されているほか、三橋が椋木の舎弟になるというエピソードも原作にはありません。
    長い尺を取る佐藤二朗のアドリブセリフシーンも毎週続いており、『うんざりする』との声も。
    今回も原作のストーリーをかなり改変しており、脱落した原作ファンからは残念がる声も聞かれています」(同)

    原作は下ネタがないギャグ漫画ということでも支持を得ていただけに、残念な結果となってしまった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1576987/
    2018.11.19 18:20 リアルライブ


    【【芸能】賀来賢人『今日から俺は!!』つまらないし下品すぎると批判を浴びた●●●ネタ】の続きを読む



    (出典 www.cinra.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/19(月) 16:08:14.41 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志が11月18日、「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、“原爆Tシャツ”を着用したことで騒動となった韓国の男性ヒップホップグループ・防弾少年団(BTS)について言及している。

    同グループのメンバーであるジミンがおよそ1年前に原爆のキノコ雲をデザインとしてあしらわれたシャツを着用していたことが発覚し、
    大きな波紋を呼んだ今回の騒動について松本は「原爆をファッションでイジるのはあり得ないかな。そんなもん流行にも何もならないし。
    それは絶対にやっちゃいけないでしょうね」と苦言を呈した。

    「いつになく神妙な面持ちでBTSに対してのコメントを残した松本ですが、恐らく内心は怒りの感情が煮えたぎっていたでしょう。
    彼はかつてのラジオ番組『放送室』(TOKYO FM)内でアメリカの原爆投下について涙ながらに熱く語っており、広島への投下で戦意を喪失していた日本に対して、
    続けざまに長崎にも2発目を投下したことや、アメリカからの正式な謝罪が無いことなどを怒鳴りながら糾弾していました。
    さすがにラジオ番組と全国放送の地上波テレビ番組で同じような熱量で語ることは難しいでしょうが、
    “ファッションでイジるのはあり得ないかな”というような比較的ソフトな表現に終始したことについてはネット上からも『松本さんこれでも相当抑えた言い方してた』
    『ラジオ聴いたことあります。本心ではもっとボロカス言いたかったでしょうに』『あり得ないかな? ハッキリあり得ないとなぜ言えないんだ』との指摘が寄せられています」(テレビ誌ライター)

    大きな影響力を誇る「ワイドナショー」という人気番組における立場が松本のコメントをソフトにさせた要因とも考えられるが、
    ファンは彼の“号泣マジギレ”姿がもう一度見られるとの“期待”があったのかもしれない?

    http://dailynewsonline.jp/article/1576762/
    2018.11.19 15:15 アサ芸プラス


    【【芸能】松本人志、過去に原爆に関する議論で号泣マジギレしていたが、BTS騒動では冷静に「原爆をファッションでイジるのはあり得ないかな」】の続きを読む



    (出典 d2l930y2yx77uc.cloudfront.net)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/19(月) 20:28:42.64 ID:CAP_USER9.net

    『第60回日本レコード大賞』の各賞が11月15日に発表され、大賞候補となる優秀作品賞に10組、『最優秀新人賞』候補となる新人賞に4組が選出されたことが報じられた。

    優秀作品賞には連覇を狙う『乃木坂46』や『AKB48』らの名前が挙がっているが、最有力候補は『U.S.A.』が若者の間で大ヒットした『DA PUMP』といわれている。

    「『U.S.A.』は外国人作曲のカバーソングで、本来、レコ大の内規では選考外のはずでしたが、さすがにここまでヒットすると外すことはできなかったのでしょう。
    過去には西城秀樹の『YOUNG MAN (Y.M.C.A.)』が80万枚以上を記録する大ヒットとなりましたが、ヴィレッジ・ピープルのカバー曲ということで、選考から外されたことがあります。
    長らく不遇が続いたDA PUMPとそのファンにとっては朗報でしょうが、一方で、ユーロビートが大賞確実という報道に、冷めた声があるのも事実です」(芸能記者)

    ネット上では

    《レベル低いなぁ。子どもの曲じゃねーかよ》
    《どうせ密室で決まった賞だろ。世間の声は全く関係なし》
    《金で買える賞に意味なし。まだやってるのか》
    《米津玄師さん、ここでもスルーされてる》

    など、散々な言われようだ。

    「恋チュン」を落としたレコード大賞の黒歴史
    「もはやレコ大をありがたがる時代は完全に過ぎ去っていますからね。
    放送するTBSも、できることならやめたいというのが本音でしょうが、レコード会社との関係もムゲにできずダラダラと続いているというのが本当のところでしょう。
    昨年は平均視聴率が14.4%と全盛期と比べると凄まじい凋落で、明けた正月早々から“打ち切り説”も飛び出す始末。
    今年の視聴率いかんによっては、いよいよ打ち切りが現実となるかもしれませんよ」(同・記者)

    1952年の第19回は、沢田研二の『勝手にしやがれ』が大賞を獲得し、視聴率は過去最高の50.8%を達成。
    しかしネットの普及とともに、その内実が暴露され、利益優先の“出来レース”だったことが公に。急激に視聴者からの支持を失っていった。

    「レコ大が完全に失墜したのは2013年。当時、日本中で大ブームとなり、大賞確実といわれたAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』が落選したのです。
    このとき以降、『レコ大はもう信じない』と言われるようになりました」(音楽誌ライター)

    『恋チュン』に続き、『U.S.A.』まで落選させたら、今度こそ“フェイクニュース”として世界に発信されてしまうかも!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1577085/
    2018.11.19 19:00 まいじつ


    【【芸能】DA PUMP、黒歴史を持つレコード大賞‟最有力候補”だが、もう受賞しても有難みはない?】の続きを読む



    (出典 www.xn--gmq039cbjspmib8l.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/19(月) 14:51:55.38 ID:CAP_USER9.net

    体調不良のため活動を休止していた、アイドルグループ・欅坂46の志田愛佳が、グループを卒業することが16日、公式サイトで発表された。

    志田は2015年、欅坂46の第1期生オーディションに合格。
    昨年大みそかのNHK・紅白歌合戦では、「不協和音」を披露した際、過呼吸のような状態でダウンしていた。

    その後回復したものの、今年4月に行われたデビュー2周年ライブは体調不良で欠席。
    同5月には、「医師により一定期間の治療、静養が必要との診断が下った」として休養することを公表していた。

    公式サイトでは、「休養中の志田愛佳ですが、この発表をもちましてグループから卒業することになりましたので、ご案内申し上げます。
    在籍中はたくさんの応援をいただきありがとうございました」と発表した。

    体調の回復ぶりなどについてはまったく触れられず、いきなり卒業発表となった志田だが、復帰はかなり難しかった模様。

    というのも、今年4月、地元・新潟で男性と「お泊まり」していたことを、「週刊文春」(文芸春秋)に報じられていたのだ。

    同誌によると、欠席した2周年ライブの最終日の翌日、志田は地元・新潟の有名公園で花見を楽しみ、イケメン男性と手をつないでいたという。

    志田と男性はほかの日も一緒に過ごし、互いの実家を行き来し、仲良くコンビニで買い物。
    とある日は、志田は男性宅に泊まり、翌日の夜まで出てくることはなかったというのだ。

    「すでに姉妹グループ・けやき坂46(通称・ひらがなけやき)を売り出し“世代交代”を進めているので、
    運営側としては志田のような人気メンバーでも見過ごせない“減点”があれば容赦なく切られることをアピールしたかったのでは。
    ほかのメンバーもプライベートに気を付けた方が良さそうだ」(芸能プロ関係者)

    トップアイドルにはそれなりの自覚が必要なようだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1576603/
    2018.11.19 12:50 リアルライブ


    (出典 news.nifty.com)


    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    【【芸能】欅坂46・志田愛佳、‟文春砲”が致命傷だった?】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/19(月) 18:36:29.76 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    歌手の浜崎あゆみ(40)が17日付で自身のインスタグラムを更新した写真がネット上で話題になっている。
    現在、「ayumi hamasaki LIVE TOUR ーTROUBLEー2018ー2019」のツアーの真っ最中の浜崎。ツアー中にも関わらず頻繁にインスタグラムを更新し、ファンを喜ばせている。

    そんな浜崎がこの日の投稿で、「ひとりじゃ叶えられないコトだらけだよ」とコメントを添え、私服写真を公開した。
    ミニワンピースに、ダボダボの大きなアウター、足元はマスタードカラーの編み上げブーツという独特なスタイルだった浜崎。
    しかし、この投稿に対し一部では洋服ではなく、浜崎の顔に注目が集まり、「だから誰!加工しすぎて誰かわからない!」「加工もだけどアヒル口やばい。
    腫れすぎやし、年齢考えて!笑」「浜崎あゆみって言われなきゃ誰かわからないレベル」
    「顔が加工のしすぎか、整形のしすぎで溶けてるみたい。本当に欲張りだね。その年齢にぴったりな美しさをみせてくれればいいのに。今みたいなあゆをみたいわけじゃない」というような多くの厳しい声が飛び交っていた。

    加工のせいなのかは不明だが、以前と顔が違いすぎてもはや誰なのか分からないレベルだという声が上がっていた。
    アングルで見え方が変わることもあるが、浜崎自身も写真の撮り方にはこだわりはあるようだった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1576771/
    2018.11.19 17:58 デイリーニュースオンライン


    (出典 Youtube)

    LOVE ~since 1999~ 浜崎あゆみ & つんく


    【【芸能】浜崎あゆみ、私服姿を公開するが画像加工しすぎ?「言われなきゃわからないレベル」【画像あり】】の続きを読む

    このページのトップヘ