今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~



    (出典 yuumeijin-shokai.com)



    1 湛然 ★ :2019/03/17(日) 07:36:35.48 ID:ydTQwEHZ9.net

    2019.03.17 07:00  NEWSポストセブン
    倉本聰が貫くこだわり 台詞を変えた寺尾聰を二度と起用せず

    『北の国から』(フジテレビ系)をはじめとする数々の名作を生み出してきたドラマ界の巨匠・倉本聰氏(84才)。4月から始まる“昼ドラ”『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)の脚本を手がけることでも話題を集めている。
    倉本氏が約60年も脚本家として活躍を続けられるのはなぜか――。このほど、倉本氏と共著『ドラマへの遺言』(新潮社)を上梓した、元テレビプロデューサーで上智大学文学部教授(メディア文化論)の碓井広義さんが、倉本氏のスゴさを物語る数々のエピソードを明かしてくれた。
    碓井さんは36年間、倉本氏に師事してきた“愛弟子”だ。

    ◇一字一句へのこだわり

     ドラマ制作では、撮影の前に出演者を集めて、初めから終わりまで脚本の読み合わせをする“本読み”が行われる。一般的に脚本家はあまり顔を出さないものだが、倉本氏は積極的に参加することで知られる。
     
    「書いた言葉が役者さんに通じているか。表現のニュアンスの違いや要望を、倉本先生は直接役者さんに伝えます。これが世にいう“倉本聰の本読み”。その姿を見て、脚本がドラマの生命線なんだと改めて学びました。
    制作陣と役者に対する厳しい姿勢の根底にあるのは、いいドラマを作りたいという思いです」(碓井さん・以下同)

    『優しい時間』(フジテレビ系、2005年)の最終回で、寺尾聰が「よう」という台詞を「やあ」に変えたことがあった。
    ニュアンスを軽視されたショックから、それ以来、倉本氏は寺尾を起用しなくなったという。倉本氏の一字一句への強いこだわりを感じさせるエピソードだ。

     しかし、そのこだわりが騒動に発展したこともあった。1974年放送のNHK大河ドラマ『勝海舟』では、脚本家の演出領域への関与の是非をめぐって問題がこじれ、倉本氏は脚本を途中降板した。
    大河ドラマ脚本家の降板劇は当時、大きく報じられ、倉本氏も批判された。

    ◇リアルさを追求

     倉本氏が北海道・富良野市に移住したのは、この降板劇から3年後、1977年のことだった。倉本氏が住むと決めた場所は荒れた森で、電気はなく、水は自力で沢から引いた。
    倉本氏の代表作『北の国から』には、こうした体験がふんだんに盛り込まれている。

    「『北の国から』の主人公・黒板五郎がしたことは、倉本先生自身が実際に行ってみたことが多い。倉本脚本は頭の中だけで組み立てたものを物語にしたわけじゃないから、リアルなんです。

     特におもしろいと思ったエピソードは、子供の純と蛍が一輪車に石を積んで運ぶシーンです。制作側は子供に無理をさせず、重そうに運ぶ絵が撮れたらいいと、藁を上げ底にしてテレビに映るところだけに石を積んでいた。
    でも倉本先生はそれを却下して、山盛りの石を運ばせました。2人は石の重さでバランスが取れずに一輪車を倒し、石が落ちると積み直してまた運んで…。これがリアルなんです。

     しかし純役の吉岡秀隆さんはつらかったんでしょうね。台本の裏に、“(監督の)杉田死ね! 倉本死ね!”と書いていました(笑い)。
    純は東京にいるお母さんのもとに帰りたいわけですが、吉岡さんも演技だけではなく、純と同じ気持ちだったのでしょう。ドラマ全体が、そうやってリアルになっているのです」

     本読みだけでなく、撮影現場にも細かく立ち会っていたからこそリアリティあふれる数々の名シーンが生まれたと言えそうだ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    https://www.news-postseven.com/archives/20190317_1329624.html


    【【ドラマ】脚本家・倉本聰、台詞‟一字一句”への強すぎるこだわり「北の国から」「優しい時間」】の続きを読む



    (出典 originalnews.nico)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2019/03/16(土) 14:37:31.03 ID:QnZgYPIR9.net

    2019.03.16
    https://tocana.jp/2019/03/post_88497_entry.html

    (出典 tocana.jp)


      アウトレイジ俳優が狙われている。北野武監督の人気映画「アウトレイジ」シリーズに出演していた新井浩文被告と、ピエール瀧容疑者が相次いで逮捕された。前者は派遣型マッサージ店の女性従業員に対する強制性交罪、後者はコカインを使用した麻薬取締法違反容疑だ。
    過去には同じくアウトレイジ俳優の森永健司も逮捕されており、ネット上では「リアルアウトレイジじゃないか」と揶揄されているが、これは決して偶然ではない。

    「年明けからマトリ(関東信越厚生局麻薬取締部)と、薬物事犯を扱う警視庁組織犯罪対策5課が『アウトレイジ俳優を狙っている』という情報が流れていました。新井被告も結果的に強制性交罪で挙げられましたが、違法薬物でもマークされていたそうです」(社会部記者)
    この話は14日の「夕刊フジ」でも伝えられているが、当局の本命は新井被告や瀧容疑者ではない。薬物事件を扱うフリーライターによれば「本命はベテラン俳優のX。以前からシャブ疑惑が再三ウワサされていましたからね。本人は逃げ切ったと思っているでしょうが、捜査は続いています」という。

     さらに「アウトレイジ」には出演していないものの、その周辺者とみなされているのがコワモテ俳優Yだ。これまで薬物絡みのウワサは一切出ていない。
    「Yは覚醒剤。この1年、仕事でストレスを抱えたのが原因かと。すでに当局の行動確認は終わっており、いつ挙げられてもおかしくない状況といいます」(事情通)。
    もう少しヒントを出せば、Yは数年前のNHK大河ドラマにも出演している。

     このほか、「アウトレイジ」シリーズでは「ともに中堅俳優の2人が違法薬物と、暴力行為でマークされている。うち1人は新井被告と同じ在日出身者」(同)とのこと。次はどこから火の手が上がるか――。

    文=多田まこと
    ★1: 2019/03/16(土) 08:16:34.80

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1552691794/


    【【芸能】まだ終わりじゃない!?マトリがマークしている『アウトレイジ』出演俳優】の続きを読む



    (出典 wakaikoro.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/17(日) 13:20:45.74 ID:cNvWrcz59.net

    女医でタレントの西川史子(47)が17日、TBS系「サンデー・ジャポン」に生出演。元AKB48でタレントの大島麻衣(31)がツイッターでタクシー運転手への不快な思いをツイートしたことに、首をかしげた。

    大島は12日、「タクシーの運転手さんがタメ口で受け答えしてきたので私もタメ口で話させてもらいました。#見た目で人を判断するひどいおじさん 
    #だから私もこの人をおじさんという #私はお客だ #さらに道もわからないという #どうゆうつもりで運転手してるのか #いい気分だったのに最低」とツイート。賛否を呼んでいる。

    これに対し、西川は「このぐらいでイライラするのはちょっと軽率ですよね。しかも(ツイッターに)のっけてしまうって」とコメント
    西川自身は2014年1月に離婚したが、その直後にタクシーの運転手から自己啓発本を渡されたことがあったそうで、「これを読んだら元気になるよ、って。
    いい運転手さんもいるんです。いまだに読んでますよ、大事に」と笑顔で感謝していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16173215/
    2019年3月17日 12時19分 デイリースポーツ


    【【芸能】西川史子、大島麻衣のタクシー運転手へのバッシングツイートに「このくらいでイライラするのは…」】の続きを読む



    (出典 image.entertainment-topics.jp)



    1 みつを ★ :2019/03/18(月) 03:19:33.47 ID:Qu7CAvKS9.net

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/17/kiji/20190318s00041000109000c.html

    内田裕也さん逝く 79歳 希林さんの死から半年 もう聞けない“ロケンロール”
    2019年03月18日 03:00

     ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日、東京都内で死去した。79歳。兵庫県西宮市出身。17年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。都知事選出馬など常に話題を提供し続けたロック界のカリスマだった。

     希林さんの死から半年、波乱に満ちた“ロケンロール人生”に幕が引かれた。年明けから体調が悪化し、17日に天に召された。1995年に俳優の本木雅弘(53)と結婚した長女の也哉子(43)らが裕也さんの遺体に寄り添っていた。

     晩年は病気やケガと闘う日々が続いた。16年11月に英国ロンドンのホテルの浴室で転倒し、尾てい骨を強打。17年夏には転倒して右足甲を骨折。さらに同11月に脱水症状を起こして緊急入院するなど、満身創痍(そうい)だった。

     完全復帰を目指してリハビリに励んできたが、日増しに体力は低下。自身が主催する恒例の年越しライブ「ニューイヤーロックフェスティバル」にも17~18年からは車椅子で出演。執念で立ち上がり、熱唱する状況が続いていた。12年から毎年欠かさず参列していた3月11日の東日本大震災の追悼式も今年は欠席していた。

     エルビス・プレスリーに憧れて高校を中退し、1957年にバンドボーイとして音楽活動をスタートさせた。幾つかのバンドを渡り歩き、66年のビートルズ日本公演では尾藤イサオ(75)らとの特別編成のバンドで前座を務めた。
    (リンク先に続きあり)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【訃報】内田裕也さん(79)逝去…妻・樹木希林さんの死から半年】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 ひぃぃ ★ :2019/03/17(日) 12:12:12.29 ID:/q/GkA1c9.net

    お笑い芸人のなかやまきんに君(40歳)が3月16日、自身のTwitterやInstagramで、アーノルド・シュワルツェネッガーと会ったことを報告。ツーショット写真などを披露している。

    きんに君は2月下旬、ロサンゼルス国際空港で撮った写真と共に「筋肉留学に来ています」と、米国滞在中であることを告白。現地のゴールドジムなどでトレーニングする様子などを投稿していたが、この日は「#筋肉の聖地 #ベニスゴールドジム にて #ついに筋肉のレジェンドとお会いしました」と、シュワルツェネッガーと遭遇したことを明かした。

    目の当たりにした“筋肉のレジェンド”は「#今でもデカかった #骨格が違う」と感じたそうで、「#タンクトップに #サイン頂きました」と、サインを描いてもらっているところの写真も紹介している。

    なお、これにて「短気筋肉留学」は終了。帰国するという。

    2019年3月17日 7時42分 ナリナリドットコム
    http://news.livedoor.com/article/detail/16172353/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】なかやまきんに君、シュワちゃんとツーショット!【画像あり】】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/03/17(日) 17:19:06.91 ID:cNvWrcz59.net

    明石家さんま(63)が、ピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)が麻薬取締法違反(使用)の疑いで逮捕されたことを受け、「何か、向こうにも理由があるはず」と語った。

    さんまは16日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で、瀧容疑者について「会った時は、ものすごいエエやつやし。昔からちょくちょくしか会わなかったけども、温和な。
    で、彼も仕事熱心なんですよね」と人柄を紹介。「だから、仕事熱心さが、こういうことになるのか、なんなのかね、分からへんけども」と推測し、
    「近場の人なんで、心痛めるね。『なぜ?』っていうのが続く。俺らの勝手な推測とか、勝手な意見はいっぱいあるやろうけど、迷惑かけたことが絶対いけないやろうけど、何か向こうにも理由があるはずなんですね。
    そうするに仕方がなかった。そうせざるを得なかった何かがあるからな。そこを探してあげてほしいな」と語った。

    瀧容疑者の出演するドラマや映画は出演シーンの撮り直しや公開中止となるなど波紋が広がっているが、さんまは、プロデュースしたドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」が
    小出恵介の不祥事によって撮り直しとなり、約1年遅れで公開となった騒動に言及。「プロデューサーとして、もう大変さ分かるのよ。とにかくウチは85%撮り直したから。
    ほぼ1本撮り直すって感じ。演者さんも2回目っていうのもあって、スケジュールも押さえなあかんし、そろわなあかんしっていうので、結構、大変やねん」と振り返った。

    ただ「Jimmy」の場合は、撮り直しでの出演者たちの演技が良かったらしく、「最初の時は『ここ、こうしたらよかったな』って思ったらしいんですね、言い回しとか。
    (通常は)それができずに終わるんですけど、もう1度チャンスがあったっていうので」とさんま。「まぁ、損害は出しているでしょうけど、逆に作品的にはいいものが出来上がったっていう実感ですね」と語った。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16172850/
    2019年3月17日 10時47分 日刊スポーツ


    【【芸能】明石家さんま、代役を立ててドラマを撮り直す大変さを語る】の続きを読む

    このページのトップヘ