今がわかる!トレンドNews

当サイトは、現在話題になっている芸能・エンタメの2chを主としたまとめサイトです。
息抜きや暇つぶしにご覧ください♪( ^o^) _旦~~



    (出典 xn--t8j0ayjlb8159avq6e.xyz)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/07/15(日) 19:12:40.35 ID:CAP_USER9.net

     お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(54)が15日放送のフジテレビ「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。川崎市多摩区のジャイアンツ球場のロッカーから選手のユニホームを盗んだとして、柿沢貴裕容疑者(23)が所属球団の巨人から契約解除された問題について言及した。

     巨人は柿沢容疑者が阿部や坂本勇、菅野、岡本ら主に1軍選手のバットやグラブ、ユニホームなど約110点を盗み、売却して約100万円を得る不正を働いていたとして契約を解除した。松本は「100点以上は悪質ですね」と断罪し、「我々からしたらジャイアンツはエリート中のエリートというイメージ。余裕がなかったのかな」と首をかしげた。

     また、球団が契約解除の決断に至ったことについては「23歳でクビか。この先、本当に大変だな」と複雑な表情。コメンテーターの落語家・立川志らく(54)は「『巨人軍が教育行き届いていない』という言い方は、それは巨人がかわいそう。どう教育するんだって話ですから」と過度な球団バッシングに疑問を呈していた。


    7/15(日) 10:54配信 スポニチアネックス
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000077-spnannex-ent


    【【芸能/野球】松本人志 巨人選手のユニホーム等の盗難事件に対し「100点以上は悪質ですね」】の続きを読む



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 抹茶ティラミス ★ :2018/07/13(金) 22:10:37.63 ID:CAP_USER9.net

    田中みな実をめぐり、破局したとみられていた『関ジャニ∞』横山裕との「マンション内極秘熱愛継続説」が浮上し、大倉忠義と交際中の吉高由里子との間で“関ジャニ婚バトル”が勃発した。

    「みな実は横山と昨年初め頃に交際が発覚。だが、その後、破局したとみられていた。しかし、6月末にニュースサイトが2人が“交際続行中”と断定して報じたことで継続説が一気に強まったのです。
    同記事によると、同じマンション内の別の部屋に居住し、ラブラブ状態とのこと。近い関係者からの情報では、本当に極秘交際は続いているようなのです」(女性誌記者)

    横山は“女子アナキラー”で有名。2015年7月には日本テレビ・水卜麻美アナとのジムデートが報じられ、熱愛関係だったとされる。
    「実は、水卜アナも横山との復縁を狙っているようで、みな実にとっては脅威。また、交際継続となれば、熱狂的ファンからも狙われる。
    そんな状況のため、みな実自ら別れたとの情報を流し“偽装破局”を演じていたのが真相のようです」(同)

    そこで、早くも開戦したのが“どっちが先に結婚するか”バトル。吉高は4月期の主演連ドラ『正義のセ』が平均視聴率9.8%と2桁に届かなかったことで、本気で大倉との早期結婚を考え始めた矢先なのだ。
    「関ジャニ∞をめぐっては、中核メンバーの渋谷すばるが7月で脱退するなど、グループ崩壊の危機。その状況の中で“ドサクサ婚”は可能でしょうが、さすがに横山と大倉が立て続けに結婚するのはまずい。
    というわけで、結婚は早い者勝ち状態になっているのです。吉高は、みな実と横山の交際継続説を知って激しく焦り、7月22日の自身30歳誕生日に入籍へのモードを強めています」(芸能ライター)

    みな実も負けじと、ジャニーズが揺らいでいる今しか強行婚のタイミングがない、と考えているようだ。
    「みな実は“できちゃった婚”で突破する作戦も視野に入れていることで、同じマンション内で“妊活”を開始する可能性もある」(スポーツ紙記者)
    みな実は最近、セクシー路線を強めていたが、それにも裏があったようだ。
    「4月発売のファッション誌『UOMO』では篠山紀信氏撮影のセクシーグラビアを披露したばかり。
    こうした、“彼氏がいない三十路女”と見せかけることで極秘交際をカムフラージュする作戦だったのでは」(同)

    結婚へのデッドヒートを繰り広げる2人から、目が離せない!


    2018年07月13日 18時03分 リアルライブ
    https://npn.co.jp/article/detail/17937079/


    【【芸能】田中みな実&横山裕にマンション内交際説浮上、吉高由里子&大倉忠義は入籍モードか どちらが先にゴールイン?】の続きを読む



    (出典 www.cinemacafe.net)



    1 ひかり ★ :2018/07/11(水) 21:31:47.06 ID:CAP_USER9.net

     歌手で俳優の山下智久(33)が11日、都内で行われた映画「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」(監督西浦正記、27日公開)の
    完成披露試写会に、女優の新垣結衣(30)らとともに登壇した。

     ドクターヘリに乗り込む「フライトドクター」たちの姿を中心に描き、それまでの医療ドラマと一線を画す作品として多くのファンを生み出した同作。
    これまで、連続ドラマ1stシーズン(08年7月期)、スペシャルドラマ(09年)、2ndシーズン(10年1月期)、3rdシーズン(17年7月期)と
    次々に続編が制作された。

     劇場版は誕生から10年を迎えた同シリーズの集大成となる。ブルーカーペットを歩いて登場し、大歓声に迎えられ山下は「10年間、コードブルーを
    続けてこられて、そして晴れの舞台である完成披露試写会という1つの軌跡を皆さんと一緒に味わって行けたらなと思います」と感慨深げにあいさつし、
    新垣は「熱く会場に迎え入れてくださってありがとうございます。私たちにとって10年間のアルバムを作っていただいたなという作品でした。
    そんな大事な作品を皆さんに見ていただけるということで嬉しいです」と笑顔を見せた。

     また、見どころについて山下は「10年間という時を超えて、僕らの絆みたいなものがしっかり描かれていることと、1つ1つの人間ドラマを見て
    いただくことによって、今この瞬間を生きる大切さみたいなものが伝わってくるのかなと思います」とアピールし、新垣は「ギッシリしてます。
    登場人物たちの思いやエピソードが詰まっていて、見てくださっている皆さんが、それぞれどこかで心にスッと入ってくるようなエピソードに
    出会ってくれるといいなと思います」と語った。

     さらに、「コード・ブルー真夏の日本縦断ツアー」として、山下、新垣、戸田、比嘉、浅利の5名が7月21日に札幌と名古屋、22日に大阪と
    福岡を回ることが発表されると、山下は「10年間、応援してくださった『コード・ブルー』ファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えるのは
    もちろんなんですけど、ファンの方々の中には西日本に住まれている方もいて、その中でも(豪雨の)被害に会われた方もいらっしゃると思います。
    その方々や、そのご家族の痛みに少しでも寄り添うことができるように、そして1日も早く元の生活に戻れることをお祈りしています。
    そういう思いで今回、日本を回らせていただければなと思います」と思いを語った。

     このほか、同イベントには戸田恵梨香(29)、比嘉愛未(32)、浅利陽介(31)、有岡大貴(27)、成田凌(24)、新木優子(24)、
    馬場ふみか(23)、安藤政信(43)、椎名桔平(53)、西浦監督(50)も登壇した。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/11/kiji/20180711s00041000285000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【芸能】山下智久 コード・ブルー披露試写会に登場 西日本豪雨の被災者を気遣う場面も】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)



    1 湛然 ★ :2018/07/15(日) 05:02:08.74 ID:CAP_USER9.net

    2018年7月14日19時38分 スポーツ報知
    吉木りさ、ウエディングドレスで和田正人との2ショット披露「本日、結婚披露宴」

     タレントの吉木りさ(30)が14日、自身のSNSで俳優・和田正人(38)と結婚式を行ったことをファンに報告した。

     吉木「入籍して8ヶ月。本日、結婚披露宴。ご列席くださった皆さま、関わってくださった全ての関係者の皆さま…誠にありがとうございました!!」とメッセージと共に、2ショットの写真を掲載した。

     ファンからは「お二人とも、おめでとうございます」「ファンとしてもハッピーになる写真です」「りさちゃん、キレイ」など祝福のコメントが相次いでいる。


    [risayoshiki0727]

    (出典 scontent-nrt1-1.cdninstagram.com)


    https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180714-OHT1T50153.html


    【【芸能】吉木りさ&和田正人 「本日、結婚披露宴」ウェディングドレスとタキシード姿の2ショットを公開【画像あり】】の続きを読む



    (出典 mogitatetoretate.blog.so-net.ne.jp)



    1 muffin ★ :2018/07/15(日) 14:05:53.28 ID:CAP_USER9.net

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/15/kiji/20180715s00041000104000c.html
    2018年7月15日


    (出典 www.sponichi.co.jp)


     映画「ビー・バップ・ハイスクール」で鮮烈なデビューを飾ってから33年。俳優の仲村トオル(52)は年々渋みを増し、幅広い役柄で代表作を増やしている。故松田優作さん(享年40)や舘ひろし(68)、柴田恭兵(66)を仰ぎ見ながら歩んだ役者人生。ダンディーな“大人の男たち”の背中を今も追い続けている。(飛澤 美穂)

     デビュー当時と変わらないシャープなスタイルで、渋さとスマートさが際立つ。テレビ東京の主演ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(16日スタート、月曜後10・00)では初めて大企業の社長を演じ「そういう年齢になったんだなと感じます。数年前から新聞で大企業の人事欄を見ると、新社長が俺より年下!?ということも増えました」と笑う。

     順風満帆だった銀行マンが、他行との合併を機に人生が一変。飲食フランチャイズ企業のCFO(最高財務責任者)に転身し、異業界で会社再建に奮闘する。「僕は座長意識が普段からあるわけではないけど、今回は“(共演の)水野美紀ちゃんは子供が小さいから早く帰してあげないと”とか、撮影現場でさまざまな方の労働環境に少々思いをはせていました」と“トップ”らしい顔つきだ。

     デビュー作の85年「ビー・バップ・ハイスクール」、翌年始まった日本テレビのドラマ「あぶない刑事」など作品に恵まれ、転職とは無縁のスター街道を歩んだように見えるが「20代後半はその2本だけで語られる抵抗感、違和感がありました。俳優として歩く道がどんどん狭く、両サイドの壁がどんどん高くなって、どこにも逃げ場がないような感覚でした」と明かす。転機は94年。所属事務所を移籍し、フジテレビ「29歳のクリスマス」を皮切りにトレンディードラマにも出演。幅広い作品に出合うきっかけとなり「転職に近いようなターニングポイントでした」と振り返る。

     「ラストチャンス」では、「人生の七味唐辛子」がキーワードの一つ。主人公は恨み、辛(つら)み、ねたみ、そねみ、嫌み、ひがみ、やっかみを浴びながら、企業再生に力を注ぐ。「僕の人生も七味が相当利いている。かけすぎだろうって。でも辛いという字は幸いという字とそっくり。からい、つらいがそこそこあったのは幸せだったと今は思います」。

     デビュー当時所属事務所が同じで兄のように慕っていた優作さん、「あぶない刑事」シリーズで共演した舘、柴田は格好いい大人の男の代名詞。15歳ほど年上の3人から受けた影響は計り知れない。「お借りしてコピーさせてもらったみたいな感覚ですけど、自分で自覚できていないくらい大量のものを頂いたと思います」

     3人を見ていて気づいたのは、顔の造形ではなく、にじみ出る何か。「結局俳優は普段どう生きているかがカメラの前で出てしまうもの。お三方とも、カメラの前にいない時に、ぬるくない日々を過ごしていたんだろうなという気がします」

     16年の映画「さらば あぶない刑事」で舘、柴田と11年ぶりに共演。「“よかった。まだこの2人格好いいわ”と凄くホッとしたと同時に“15年後、俺はこういうふうになれるかな”といまだに思いました」。自宅には優作さんのポスターを飾った部屋があり「僕の方がかなりお兄さんになってしまったけど、なぜ40歳くらいでこれほどの顔を作り上げたんだろうと問題提起してくれる。30年間変わらない感覚ですね」

    >>2に続く


    【【芸能】仲村トオル デビューから33年…故・松田優作、舘ひろし…ダンディーな男たちの背中を追い続ける】の続きを読む



    (出典 d3ndb5jjirqkbj.cloudfront.net)



    1 ほニーテール ★ :2018/07/15(日) 12:18:13.83 ID:CAP_USER9.net

     神田沙也加が、15日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。自分が生まれ育った家庭環境について言及。さらに自身の夫婦のあり方についても明かした。

    去年、俳優の村田充と結婚した神田は当初、「結婚するんだったらやっぱり、子どもが欲しいと思っていた」という。一方で自分の育ってきた家庭環境を振り返りながら、「両親ともに芸事の道にいて、子どもっていうのがどうしても自分の経験上抵抗があった」「一緒にいてあげられない側面が出て来るだろうな」とも吐露。

    つまり彼女自身はもちろん夫も芸能人であることから、もし子どもを産んでも、同じ寂しさを味わわせてしまうのではないかという不安があったという。

     現在、神田はミュージカル女優としても活躍。これからもキャリアを重ねていきたい一方で、「子どもは今世(現世)は諦めるか」とも考えていたのだとか。そうした思いを夫に正直に話すと、「そしたら仕事しておいで」と歓迎されたと言い、反対に「自分は表に出ない仕事で(家庭を)支えるから」と言われて驚いたと語った。

     「男性も前に出てバリバリ働く姿を見せないといろいろ言う方もいるし、実際そういう声もあった」という神田。だが夫が、「あとの人生の楽しみとして、家族を守るということにシフトチェンジするって言っていた」と明かすなど、夫婦の形も語っていた。
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15014466/


    【【芸能】 神田沙也加 結婚当初は「子どもが欲しいと思っていた」が…自身の夫婦のあり方を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ